船井総研ロジ物流コンサルタントの視点

船井総研ロジメンバー独自の視点でロジスティクスを論じるメールマガジンです。
物流業界で活躍する皆様の活動に直結する情報を発信していきます。

メールマガジンに登録すると最新号の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は右のボタンからクリックして登録してください。



◀  前へ

次へ ▶


配信日:2017/1/26


第2回 自動化機器がもたらす業界変革


 物流業界において労働力不足が顕在化し始めてから2年ほどになります。
物流センターでの労働力不足については局所的な問題ととらえる
向きもありますが、
①若年層人口の減少による担い手不足
②ファンドが手掛ける大型物件増加による同一エリアでの労働力確保競争
③他業種に比べ魅力的な職場環境が提供できていない
等の理由によりこの傾向は今後も続くことが想定されます。

 このような中で自動化機器への注目が高まっており、
実際引き合いも増加しているという話を聞きますが、
導入先は物流事業者よりも自家物流が多い印象を受けます。
 理由としては自動化機器の償却期間(10年~15年)と
一般的な業務委託契約期間(3~5年)にギャップがあることが
主たる要因ではないかと考えられます。
 業務受託と同時に自動化機器を導入しても契約終了までに
償却できないため、このことは物流事業者としてリスクとなります。
 自家物流では相対的にリスクは小さく、導入のハードルが
低くなると考えられます。

 この問題を解決する一つの方法として、自動化機器を業務インフラ
ととらえ、複数の荷主で共同利用することが考えられます。
 従来、自動化機器は荷主1社毎個別に導入することが主でした。
 荷主毎に業務が異なる中で、自動化機器の運用も特定の業務に
合わせる方が構築が容易であるからです。
 しかし、今後は自動化機器を複数の荷主で共同利用することを
推進していかなければなりません。

 共同利用することができれば機器の償却費ではなく
利用料としての支払いが可能になります。
たとえば1パレ1日利用ということも問題ありません。
 業務フローの違いについては、極力同一のフローで運営し、
異なる部分は人が対応するというのが現実的ですが、
技術の進歩で機器が業務フローの違いを吸収する時代もすぐに
来るでしょう。
あるいは業界別に拠点が用意されるようになるかもしれません。

 倉庫を借りるといえば空間を借りるイメージですが、近い将来、
自動化機器が配置された倉庫で、入出荷保管というサービスを
購入することが当たり前になるのではないでしょうか。
 物流不動産企業のサービスが物流企業のサービス領域をカバー
する様になり、ファンドとしての投資対象が不動産賃貸収益から
入出荷保管業務サービス収益になることも考えられるでしょう。

   荷主企業が物流不動産企業から、直接的に入出荷保管サービスを
利用できる様になれば、荷主の物流サービスも標準化されたものに
収斂されていく可能性があります。
 また、業務委託から自家物流への揺り戻しが発生するかもしれません。
荷主の選択肢が増えるに従い、荷主と物流企業との関係や物流企業の
役割も変革せざるを得なくなるのではないでしょうか。
 
 以上
 


筆者
船井総研ロジ株式会社 
ライン統括本部 コンサルティンググループ 
チームリーダー
西村 和洋

 筆者プロフィール





◀  前へ

次へ ▶


 一覧へ



メールマガジンに登録すると最新号の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は右のボタンからクリックして登録してください。


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー




物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け