船井総研ロジ物流コンサルタントの視点

船井総研ロジメンバー独自の視点でロジスティクスを論じるメールマガジンです。
物流業界で活躍する皆様の活動に直結する情報を発信していきます。

メールマガジンに登録すると最新号の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は右のボタンからクリックして登録してください。



◀  前へ


配信日:2017/2/23


6回 物流担当者が現場・社内で確認すべき必須項目


 物流業務をアウトソーシングしている荷主企業の物流担当者が、
物流現場を視察する上で重要なポイントがいくつかあります。
今回は“保管”というテーマに着目していきます。
物流担当者は、現場の保管状況を確認すると同時に自社の商品マスタ
の容積重量項目の確認を行うことが必要です。

1)保管状況
 物流倉庫の保管では、大ロット品の場合パレットに積載し、3段
ないしは4段に直積みすることがあります。
ケアマーク(取扱注意記号)の積上げ段数制限の記載がある品は
固定ラックやネステナを使用して品質を高めた保管をすることも
あります。
 一方、小ロット品の場合は中軽量ラックを使用して在庫量に合わせた
間口を設けて保管することが必要になります。
 荷主企業の物流担当者は、物流現場視察時にどのような保管エリア
(直積み・ネステナ・中軽量ラック・自動ラック等)でどの程度の
面積を使用しているのかを確認してみてください。
その際にケアマークが商品に印字されている場合は保管方法が遵守
されているか、保管マテハンを使用している場合は間口の充填率が
高いかといったことについても確認する必要があります。
 直積みでパレットを重ねて保管し、保管効率を上げている運用で
あるけれどもケアマークに反した保管である場合は箱つぶれ等の
要因となり、業務委託している場合は委託先に対して厳しく指摘
しなければなりません。
 保管マテハンを使用して保管品質・保管効率を考慮している
場合であってもその間口の充填率を見ることで保管ロケーションが
適切であるか、ロケーションメンテナンスが行き届いているか
ということを把握することができます。
 このように物流担当者が現場訪問をした際には漠然と見るのではなく、
どのような保管状況であるのかを念頭に置きながら視察することが
重要です。

2)商品マスタ整備の必要性
 保管状況を確認した際、保管効率が悪いと感じた場合は現場担当者に
指摘することは必要です。
しかし、その一方で荷主側の問題もあるのです。
 それは「荷主企業の商品マスタ不整備」です。
 商品マスタ内に容積・重量の記入欄が無い場合は即システム改修を
行うべきです。
マスタ上に容積・重量の記入欄があっても入力必須項目でない荷主
企業は多くあります。
荷主の商品マスタにおいて、容積・重量が整備されていない場合、
保管状況が不適切だと思われる場合も指摘しづらい状況に陥ります。
 ましてや保管費が容積重量での三期制契約である場合や輸配送費が
重量建て契約の場合、物流委託先からの請求内容が適切であるか
確認ができずリスクを負うことになるのです。

 ●自社の商品マスタに重量。容積が記載されていますか?
 ●記載している数値は正確ですか?
 ●容積・重量の記入欄は必須項目になっていますか?

 商品マスタの不整備は保管だけでなくすべての物流業務に関わって
きます。
物流担当者は現場状況と同様に商品マスタの容積・重量を確認し整備
していくことも重要な業務となるのです。

  以上
 


筆者
船井総研ロジ株式会社 
ライン統括本部 コンサルティンググループ
安川 洋介





◀  前へ


 一覧へ



メールマガジンに登録すると最新号の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は右のボタンからクリックして登録してください。


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー




物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け