ロジスティクス・インサイト「インタビュー」

豊田通商株式会社
物流部統括企画室 室長
千野 公弥 氏

貴社グループでは、機能子会社として豊通物流(株)様を保有されています。物流子会社が有するべき機能や、戦略の方向性について、お考えをお聞かせ下さい。

物流子会社に対する考え方は、企業によって様々だと思います。豊通物流には、今後もグループの物流機能をサポートする総元請会社として、サービス拡充とコストマネジメント強化による貢献に努めてほしいと考えています。

元請会社が介在するリスクは2つ指摘出来ます。一つは、多重化によるコスト増加リスクです。この課題に関しては、当社営業部門とのトランザクションにおいては、豊通物流側の調達コストを開示することを原則とし、コストを透明化する中で、適正化を図ることとしました。

二つ目は、荷主の事業方針の変革に対する、機動的な物流対応力に関わるリスクです。仮に物流子会社が機能不十分であれば適切なロジスティクスは遂行されず、バリューチェーンが完結しません。 この点については、物流専門会社として外部顧客獲得活動を継続するなかで、多層的な機能蓄積を期待しています。

今後、豊通物流に期待する成長の方向性としては、3つ挙げられると思います。

豊田通商グループ内の物流に関して言えば、まず、未受託の物流領域獲得によってボリュームメリットを活かしたコスト低廉化の実現です。もう一点は、海外物流拠点の管理の担い手になってほしいということです。 現在、豊田通商グループの物流事業会社は国内外で30数社を数えますが、これらを全て豊通物流が物流管理のプロフェッショナル として人材を常駐させ、現場運営してもらいたいと思っています。これについて、豊通物流では独自に「G60」というスローガンを掲げ、5年間で60人の「グローバル人材」育成プログラム を始動させています。

最後に、OUT-IN物流における一貫物流機能を充実することです。わが国は、GDPの6割弱を個人消費が支える消費大国 ですから、一定の国内需要は永続的であると考えて良いでしょう。輸出通関以降・国内配送まで、NVOCCを完結するネットワークを高度化して頂きたいと考えています。その手法としては、M&Aも視野に入ると思っています。

以上



取材後記

今回の取材を経て、3PL志向企業にはいよいよ「人材のグローバル化」が求められる時代が突入したと強く感じられました。 1990年代より国際複合一貫物流や海外VMI、ダイレクトシップメントなど物流業界においてもクロスボーダー取引が隆盛となり、海外とのコミュニケーションを業務として図ることが求められてきました。

しかし実際に海外企業とのコミュニケーションを必要とされるのは、海外赴任者や一部の海外部門スタッフ及び日本語の上手な外国人スタッフに限定されてきたように思われます。特に日本人スタッフのグローバル化という点では、ライブで交渉ができるコミュニケーション力は、商社や海外進出製造業などの荷主企業に大きく遅れをとっていると痛感します。

本文中にもありましたが、「OUT-OUT」や「OUT-IN」の物流を企画し、顧客へ提案する営業力は、3PLを実践していく 物流業の生き残り戦略といえます。

今後成長する物流業のキーファクターのひとつとして、「グローバル人材の確保及び育成」は他社との差別化を図るうえでの 課題ではないでしょうか。

従来、国内物流の主要荷主であった日本の製造業は、その拠点を海外へシフトすることで生き残りをかけています。工場及び製品倉庫からの出荷物流に支えられた運輸・倉庫業は荷主構造の変革が求められます。
その理由として、国内工場の門前から海外工場や港へ、荷主との集荷接点が移行しているからです。日本国内の配送や在庫拠点も、 製造拠点が海外へシフトすることにより再編が想定されます。

これらの現象から今後の物流業界を予測すると、荷主企業と直接取引が中心であった倉庫・運輸業も、海外や港での物流体制を有している企業に元請けが移管することが現実問題として発生します。

商社が展開する商物一体となった3PLと、国際フォワーダーが実践する国際複合一貫輸送などのノンアセット型3PL企業に対して、倉庫業や運輸業といったアセット重視の物流企業がいかに戦っていくのか、生き残りをかけた各社各様のビジネスモデルが求められます。


豊通物流(株)様 ご紹介
豊田通商物流株式会社ロゴ

TOYOTSU LOGISTICS SERVICE CO., LTD.

会社概要
本社連絡先 〒450-0002
名古屋市中村区名駅四丁目13番7号
名古屋クロスコートタワー9F
TEL(052)569-4653
FAX(052)566-5100
HP http://www.tlsnet.co.jp
設立 昭和38年3月15日
資本金 3億5千万円
株主 豊田通商株式会社 100%
国内拠点 中部地区を中心に全国に16拠点
豊田通商物流株式会社ロジスティクスシステム

常に時代を見据え、『HEART1 HEART CHAIN』をモットーにお客様のニーズに応えた最適の物流を提案します。
今後は海外物流拠点にも注力し、グローバルネットワーク構築に力を入れてまいります。


主な事業内容
豊田通商株式会社 売上高・従業員数推移
・豊通物流ロジスティクスシステム

最先端のSCMシステムにより、ジャストインタイムの製品供給、物流コストの軽減を実現。


・自動車部品の梱包輸出・輸入

小ロット、多頻度の納入、納期短縮などを図り、同時に輸送コストや貿易業務の軽減を実現。高品質保持を徹底追及、緻密な梱包仕様作成と充填率の最適化実施。


・電子部品の保管・供給

物流・品質管理・加工機能を備えた最適な環境施設において、受注から配送までの一貫物流を提供。


・かんばん対応の倉庫業務

物流情報をトータルに管理・運営、「安全、早く、安く、確実な物流」を構築し、トヨタグループへの「かんばん」納入を展開。


・輸出入関連・港湾業務

デリバリー情報処理や通関、保管、輸送の一貫物流を担い、豊田通商の海外物流をサポート。通関業務や物流関連業務のアウトソーシング。


・福祉用具などのレンタル業務

福祉レンタル器具の受注から発注、配送、引き取りをはじめ、器具の洗浄、消毒、保守、梱包、保管などを一括して実施。


・国際複合一貫輸送事業(NVOCC)

最適な輸出入/海外間物流の提案 と 国際複合一貫輸送の提供。


・豊田通商海外拠点物流支援

タイ、インドネシア、中国、香港、南アフリカに現在9名の駐在員を派遣。 今後、派遣人員を増やし、業務範囲の拡大を計画中。



◀ 前のインタビュー記事

次のインタビュー記事 ▶


 ロジスティクス・インサイト 一覧



【発行日】

2012/02/02



関連コンテンツ

グローバルSCM
強靭なグローバルSCM構築を目指し、全体最適化の視点から、海外一貫物流の設計・実践をご支援します。

物流子会社支援
コストセンター型子会社か、自立型3PL会社か。診断・評価、戦略、外販力、人材育成で物流子会社を支援。

継続こそ力なり「物流子会社の彷徨(ほうこう)《1》」
ここ数年、物流子会社の存続価値について各所で物議を醸しています。大企業にとって物流子会社の……

ロジスティクス・インサイト「変革迫られる物流子会社のあり方」
2011年は、未曾有の大震災や史上最高値をつけた超円高など、日本経済を取り巻く環境が激変し、……




インサイトの掲載情報はメールマガジンでお知らせ致します。
メルマガには豊富なコンテンツをたくさんご用意しております。
登録希望の方は右のボタンをクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け