ロジスティクス・インサイト「書評」

物流に関わるお役立ち指南書のご紹介!

発行日 2012/09/06

今号より、新シリーズ「書評」がスタートします。
物流に関わる課題に直面した際、その解決の糸口を掴み、あるいは有益な示唆となる、お役立ち指南書をご紹介するものです。

ロジスティクスや物流に携わるあらゆる方々の、日々の「カイゼン」の一助にお役立ていただければ幸いです。
今号では、2012年4月以降に刊行された、新刊書2冊をご紹介します。

『ネットスーパーの経営と実務』
[著] 柴田 巌  [出版] 商業界  [発行] 2012年6月26日

日本チェーンストア協会の統計によると、加盟企業の2011年度総販売額は12兆7784億円でした。過去20年間でピークだった1996年(総販売額16兆9786億円)比では、約25%の市場が消失したことになります。

低価格・品揃えではGMSと食品スーパーが競合、またCVSなど他業態の生鮮や惣菜・中食分野参入が相次いでいます。こうした影響で業態間のコアバリューは差別化し難くなっており、市場シェアの奪い合いが加速していると推測されます。

小売業界のなかで、「ネットスーパー」は数少ない有望分野とされ、流通各社が相次いで参入しています。
本年7月には楽天が同事業をスタートさせ、実店舗の固定客を誘導するかたちで展開する食品スーパー・CVSとは異なる、ネット専業者による新しいビジネスモデルとして注目を集めています。

本書は、「ネットスーパーに興味をもつ、あるいは参入を検討している、既に事業として運営している方々に対して」、「ネットスーパーの経営、実務、黒字化の要点」を解説したものです。

本書がとりわけ優れていると思われる点は、1つ目に顧客の利用動機から顧客ニーズを徹底的に分析し、同事業の成功要件を明確に定義付けている点です。

ネットスーパー事業は、生鮮・日用品を扱う点ではGMS・食品スーパーであり、非対面販売という点では通信販売業と言えますが、これらが融合して生まれた新しい事業形態です。従来の実店舗スーパー、一般的なEC事業との違いを、筆者は「需要サイド」から深く考察し、事業収益化へのKFS(Key factor of success)を導いています。

2つ目は、前述のKFSを具体化するための事業設計を、(1)サービス設計 (2)マーチャンダイジング (3)(黒字になる)PL構造 (4)業務設計(商品部・物流部)というプロセスごとに、筆者自身が同事業の実務に深く携わった経験に基づき、詳細に解説されている点です。

筆者は、自身の設立企業が民事再生中だったオレンジライフ(株)のスポンサーとなって以降、13年にわたりネットスーパー事業の現場に身を置き、立ち上げ・実務・再生・拡大に携わっており、語られるノウハウ一つ一つに説得力があります。

例えば、「サービス設計」の項では、

・売上を伸ばすために、配送料はどう関係するか?
・送料無料の足切り線は?
・アクティブ会員率は何%が適正か?

など、顧客行動・心理を熟知した上でのコツが明らかにされています。

また、「業務設計」においては、物流部のミッション・実務と数値管理の手法が説明されています。物流コストが経費の中で最も大きいウェイトを占めることから「生産性」と、顧客満足・信頼(ブランド・エクイティ)の視点からの品質が、『ネットスーパー物流』の要諦です。本書では、実務設計における「配送デポ配置」「個配送/ピッキングコスト」「配送エリア/サービス設計」「ライン速度」等要素ごとに、数値化できるものは数値で、具体的なガイドラインが示されています。

なお、文中には、開業当初は自社物流が相応しいとのコメントがありますが、多種多様な商品について、常温・冷凍・冷蔵の3温度帯別での取扱・配送技術を得意とする物流専業者へのアウトソーシングも、メリット・デメリットと両側面から検討するべきでしょう。

2030年には、全世帯に占めるシニア単身世帯は4割を超える(*2)と試算されています。消費者の宅配需要の高まりは確実であり、専門ノウハウが生かせる物流事業者にとっては有望な市場であるといえるでしょう。

以上

(*2) 国立社会保障・人口問題研究所試算より

いますぐ現場で役立つ物流実務のノウハウ

いますぐ現場で役立つ物流実務のノウハウ

[著] 木村 徹
[出版] 秀和システム

ネットスーパーの経営と実務

ネットスーパーの経営と実務

[著] 柴田 巌
[出版] 商業界


関連ページ

倉庫・作業見直し
倉庫賃料・荷役作業費の妥当性を検証しコスト削減可能な施策を策定いたします。

物流戦略策定~統合的ロジスティクスへの変革
物流部門に対する事業力分析、コストダウン、戦略策定を実行し"あるべき姿"を策定致します。

ロジスティクス・インサイト「国内物量減少の危機にそなえる物流とは」
11月の日銀金融政策決定会合では、景気先行きについて「弱めに推移する」とし、これまでの……

継続こそ力なり 第22回 M&A編(1)
物流業界にも、M&Aの波は確実に押し寄せています。これまでは、特積事業者さんが……




インサイトの掲載情報はメールマガジンでお知らせ致します。
メルマガには豊富なコンテンツをたくさんご用意しております。
登録希望の方は右のボタンをクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け