ロジスティクス・インサイト「物流オピニオン」

人手不足時代の物流コンペの進め方

コンペ実施

 委託の規模に関係なく、荷主としてRFP(提案依頼書)を作成することは必須である。
RFP中に要件及び提案項目・提案フォームを含めることで、情報格差無く各社からの提案を受領することが出来、適切な比較が可能となる。
ここではRFP作成以外で留意すべきポイントを挙げる。

(1)委託先決定から委託開始までの期間

委託先決定から委託開始までの期間

 委託先決定から委託開始までの期間では、主として業務フローの設計、物流センターレイアウトの設計、物流情報システムの設計・構築・テストなどの作業を行うが、ここでも人手不足の影響が出てきている。
 業務フローおよびレイアウトの設計者、物流情報システムの設計者・プログラマーの不足により、従来6ヶ月程度あれば間に合っていたところが、8ヶ月〜12ヶ月の期間がかかるようになっている。
 コンペの開催期間を含めると、1年〜1年半ぐらいの準備期間を見ておくことが望ましい。

(2)コンペ開催時期

 下図は営業用車両の輸送トンキロ数推移であるが、3月および9月以降で輸送トンキロ数が大きくなっていることがわかる。荷物が活発に動いている時期は物流会社として人が足らず、新規の提案に充分な要員を確保することが出来ない。比較的荷量の落ち着く4月〜8月、もしくは1月〜2月にコンペを開催することが望ましい。

コンペ開催時期

(3)合同説明会の開催

 人手不足の時期、新規の見積もりは、やや高い金額を提示される場合が多い。コンペの説明会は個別に行う場合もあるが、牽制の意味からも説明会は参加各社合同で行うべきである。競合の存在を意識していただくことで各社のベストプライスを入手することが出来る。



提案内容の評価

提案内容の評価については、人手不足の時期は前記のリスクを精緻に評価する必要があるが、それ以外の部分はその他の時期と大きく変わることはない。以下に提案内容の評価ポイントを記す。

(1)評価項目

評価項目は大きく「施設」「業務設計力」「輸配送」の3点で評価を行う。見るべきポイントは
「施設」…拡張性、機能性、BCP対応
「業務設計力」…データ分析力、レイアウト、業務設計、要員計画、業務品質
「輸配送」…路線・宅配便以外の利用割合、リードタイム
である。

(2)物件の視察および運営中の現場視察

委託先の選定に先立ち、候補物件の視察および運営中の現場視察は必ず行っていただきたい。
「候補物件の視察」…レイアウト図面では伺いにくい使い勝手、照度、床面の状況、周辺の環境などを確認する。
「運営中の現場視察」…提案書に書かれているレベルの運営が実際に出来ているかの確認。5Sの状況および従業員(パートアルバイト含む)の動き、現場の掲示物などを確認する。また現場の雰囲気と社風を感じ取り、自社と今後パートナーシップを組むのにふさわしい企業かどうかを確認する。

(3)作業単価の価格目線作成

作業について、現在の委託単価や作業工数から単価を試算することで価格目線を作成しておくことが望ましい。価格目線よりも明らかに安いものは、その価格に明確な理由が無い限り(施設の昼間と夜間の2回転活用、既存インフラへの相乗り、など)採用すべきではない。価格目線すなわち判断基準を自社内で明確に持っておくことで、ぶれない適切な評価が可能となる。

以上、物流業界にも人手不足の影響が出てきている中で、適切なコンペを行うためのポイントを整理した。東京オリンピックの開催までの約5年間、人手不足の中で安定したサービスを提供するために合理性のある施策を行っている物流企業を是非見抜いて、選定していただければと思う。

以上

◀ 前のレポート

次のレポート ▶


 ロジスティクス・インサイト 一覧




【発行日】

2015/07/24


【執筆者】

西村 和洋

ライン統括本部 コンサルティンググループ




関連コンテンツ

物流コンペ実行・成功支援プログラム
合理性の高いプロセスと、経験に裏打ちされた的確な評価手法によって最大限のコスト削減を実現します




インサイトの掲載情報はメールマガジンでお知らせ致します。
メルマガには豊富なコンテンツをたくさんご用意しております。
登録希望の方は右のボタンをクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け