ロジスティクス・インサイト「物流オピニオン」

荷主企業の物流ギアチェンジ

  物流業界の変革が急速に進んでいます。
  ドライバー不足や作業人員不足とそれを補うための費用上昇、業務対応キャパシティー(処理能力)の低下が今後一層表面化することは読者の皆様も認識のはずです。そのような中、貴社の物流戦略は明確な方向性と、環境変化に左右されない安定した機能を保持できる選択がなされていますか?
  これからの物流戦略において、アウトソーシング一辺倒では物流企業からの値上げ要請に対応することで手一杯となり、結果的に自社の物流競争力を低下させることになりかねません。

  今回は『荷主企業の物流ギアチェンジ』と題して、荷主企業自らが自社物流を理解し、コントロールする重要性について提言します。


物流コストUPの状況①:運賃値上げ要請

第一種大型運転免許保有者数推移

  ドライバー不足が数年前から叫ばれています。しかし、この現象に抜本的な対策はなく、手を打ちあぐねているのではないでしょうか?

  ドライバー不足の影響はこれから一層強くなります。第一種大型運転免許保有者推移を見ると、大型ドライバーが減少傾向にあることは明確です。特に年齢層別の構成比を見ると55歳以上の構成比が40%程度(平成17年度)であったものが、平成26年度には50%程度まで増加しています。大型ドライバーの減少は、長距離大量輸送の委託先の選択肢が減少することに直結しています。

  また、中小型ドライバーにおいても運行管理上の問題が表面化しています。月間の残業時間が60時間以内の運行管理体制が必須となり、集配に費やすことのできる軒数が必然的に制約されます。一日あたりの業務量が減少し、より業務効率を追求せざるを得ない状況となっています。

  上記のような人員不足、コンプライアンス強化など様々なコスト上昇要因によって、物流企業からの値上げ要請を拒みきれない荷主企業がほとんどでしょう。



物流コストUPの状況②:荷役作業料の値上げ要請

  人員不足は物流業界にとどまるものではありません。

  建設業界や小売業界など様々な業界で人員不足進んでおり、各業界で人員の囲い込みが激しくなってきました。小売業界では非正社員の正社員化を進めたり、店舗人員の採用を積極的に進めたりする企業も出てきています。
また、建設業界では外国人労働者の活用も含め新たな雇用対策を進めています。

  一方、物流業界では抜本的な採用対策が講じられていません。倉庫作業人員のパート、アルバイトの雇用は一気に困難になっています。今後少なくとも東京オリンピックまでは雇用難は継続することが想像されます。



今後直面する問題

  上記のような物流を取り巻く環境の中、次のような現象が顕在化します。

(1)輸配送依頼先の選択肢減少

大型一種免許保有10年前との比較

  ドライバー不足が起きるとドライバーの採用合戦が加熱します。採用競争の結果、魅力ある待遇をドライバーに提供できる企業に採用が集中し、その他の企業では採用が困難になります。

  採用競争の激化は物流企業にとってのコスト上昇を意味します。採用コストが上昇し、給与及び福利厚生などの待遇の向上によって、物流費は上昇すること間違いなしです。コスト上昇は資金力の差による競争を呼び、競争力の無い企業は淘汰されることになります。結果、荷主にとっての選択肢は更に狭まることになります。

(2)輸配送コストの上昇

  長距離ドライバーを中心に、ドライバー人口が減少傾向の中、物流企業が雇用対策を講じた後には「運賃の上昇」という形でそのコストが荷主企業に反映されることは容易に想像できます。
  特に長距離輸送に対応できる輸送会社(車輌及びドライバー)は減少することが考えられ、需要と供給の関係からみても運賃の更なる上昇は時間の問題と考えられます。

(3)倉庫作業コストの上昇

  倉庫作業員についても同様です。
労働者不足は小売業や建設業でも叫ばれています。物流業以外の業種が労働者にとって魅力ある雇用条件を提示することが、結果、倉庫作業コスト上昇に反映されるでしょう。

(4)物流パートナー再選定の失敗

  上記のような物流コスト上昇傾向の中、委託先を再選定しようという荷主企業も出てきます。しかし、そのような荷主企業の中には物流業務をアウトソーシングしてから10年以上経過し、物流業務のノウハウが自社内に喪失しているということも少なくありません。

  自社の物流業務がどのような内容か把握できていない状況で、委託先を変更しても混乱を招くだけです。そのような状況で必要な手順を踏まずに強引に見直しを実行すると、新しい受託企業は不透明(聞いていなかった)な業務対応でオーバーフローを起こすことがよくあります。

  結果としてコスト上昇により、荷主企業に値上げを要求することになります。荷主企業も予算組み後に値上げを受け入れることもできず、双方が困り果てる状況がよく見られます。


>> 次ページ 結果・提言:今後、しなければならないこと!

関連コンテンツ

物流コンペ実行・成功支援プログラム
合理性の高いプロセスと、経験に裏打ちされた的確な評価手法によって最大限のコスト削減を実現します

物流戦略策定
全体最適の視点から、物流部門の‘あるべき姿’を策定し、競争優位に導く差別化価値を生み出します

現場改善・5S
『現場の見える化』と、“現場改善プログラム”による『改善実行とノウハウの習得』で貴社の現場が自ら考えることのできる現場に高度化します。

物流コスト削減
分析フェーズと実行フェーズであるべき物流コストを明確にし、改善施策を具体的に短期・中期に分けて策定いたします。




インサイトの掲載情報はメールマガジンでお知らせ致します。
メルマガには豊富なコンテンツをたくさんご用意しております。
登録希望の方は右のボタンをクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け