コファス・カントリーリスク・レポート

世界有数の信用保険会社であり、世界経済アウトルックやカントリーリスク評価を行う国際機関 コファス社による、 各国・各地域のカントリーリスクに関するプレスリリースをお届けするページです。

発行:コファスジャパン信用保険会社


コファス・カントリー・リスクReport Coface

次の10年間、「長期的停滞」のリスクを回避できる先進国は5カ国に

2015年3月26日 パリ

次の10年間、「長期的停滞」のリスクを回避できる先進国は5カ国に

景気回復が公言されて3年以上経つが、先進諸国は持続的な成長路線に戻るのに苦労している。一部では成長の停滞が予想されており、そのような状況が不可避と見られている場合もある。だが、こうした長期的停滞のリスクという点では、すべての先進諸国が同じ立場にあるわけではない。グローバルに見れば脆弱な展望でも、それとは一線を画している例外的な国もある。OECDに加盟する先進諸国のうち、次の10年間にわたって成長を加速するために必要な要素を備えているのはどこだろうか。

伝統的な指標か、近年の危機が明らかにした決定的基準か

長期にわたる低成長ないしは停滞に入るリスクが最も少ない先進国を特定するために、コファスのエコノミストは、5つの基準に基づいて23カ国の資料を分析した。

●人口動態及びイノベーション 
長期的成長ポテンシャルに関する、伝統的な二つの決定要因である。イギリスはその資産の増加が加速しつつあるが、スペインは移民流入が減少している。いずれの例でも、その国の魅力が重要な役割を演じている。アメリカ合衆国は引き続きイノベーションという点で世界をリードする国の一つであり、特にバイオテクノロジー分野でそれが顕著である。これは、アメリカの長期成長を確保するうえで有利な点となっている。

●所得格差 
OECD諸国における所得格差は2008?09年の危機及び回復の不安定さの一因とされている。所得格差は、低所得世帯における長期的な購買力の弱さにつながるからである。スウェーデン、デンマーク、アメリカ、フランスはジニ係数で見た格差水準が上昇し、成長の鈍化を招いた。

●公的債務・民間債務 
これが過剰な水準(OECD諸国の大半の例ではGDPの300?350%)にあると、当該プレイヤーの財政的な脆弱性が高まり、借り手は債務不履行及び流動性リスクに晒される。スペイン、イギリスといった国では危機前に民間債務が急増し、その後、最も深刻と言えるレベルのリセッションに陥った。債務レベルが最も低いのは、ドイツ、オーストラリア、スイス、フィンランドである。

●輸出業績 
これは、価格及びコスト以外の側面(イノベーション、品質、デザインなど)の双方における競争力に強く依存する。南欧諸国とアイルランドは、実質為替レートの低下のおかげで競争力を増している。イギリス、日本、ドイツは、高付加価値という製品イメージの恩恵を受けている。

最も堅実な国はドイツ、韓国、スイス、ベルギー、オランダ

分析の結果、5つのOECD諸国がよい意味で突出した。
石油単価

●ドイツ
主として国内民間企業に支えられた研究開発支出はOECD平均を上回っている。資金供給システムにより中小企業の成長が促されている。最後に、輸出のペースが維持されていることに加え、コスト面を除けば、高水準の競争力を保っている。

●韓国
高品質なエレクトロニクス製品では屈指の存在である韓国は、質の高い教育システム、高水準にある公的な研究開発投資、多くの特許出願件数など、豊かなイノベーション能力に支えられることにより、大きな生産性向上を実現しつつある。輸出に関しては、中国における景気減速にもかかわらず、最先端の革新的なテクノロジーにより経済的なポテンシャルを確保している。

●スイス
スイスにとってイノベーションは主要な優先事項であり、バイオテクノロジー分野において強固なポジションを築いている。中小企業が銀行融資を利用しやすい金融システムが整っており、研究開発の資金はもっぱら民間から得られている。コスト以外の競争力は非常に高く、スイス企業は最高レベルのブランドイメージを誇っている。スイスによる輸出は2007年から2013年のあいだに27%増大した。

●ベルギー
ベルギーはOECD諸国のなかで格差が最も低い水準にある。また貿易の自由度という点ではGDPの82%で、OECD諸国のなかでトップレベルにある。こうした活発な対外貿易によって、ベルギーは非常に競争力を高めている。

●オランダ
オランダの各指標はバランスよく、相対的にプラスとなっている。オランダの債務総額はかなり高くなっているが(GDPの355%)、公的債務の水準(同78%)は、想定された成長ペースの変動が生じた場合でも政府が民間部門を支援することが可能となっている。またこの国にとって特に競争優位となっているのが、欧州最大の港湾であるロッテルダムなど港湾事業である。またオランダも、OECD諸国のなかで最も貿易の自由度が進んでいる国の一つである(GDPの83%)。


連絡先:
ジョナタン・ペレズ
Tel   03 5402 6108   
E-Mail jonathan_perez@coface.com

- コファスとは -
コファス・グループは国内及び輸出取引における債務不履行をカバーしながら、全世界の企業に売掛債権管理のソリューションを提供しています。201年、同グループは1億4千ユーロの連結売上高を計上しました。66ヵ国にて4,400名のスタッフが世界各国で現地サービスを提供しています。コファスは四半期毎に、企業の決済動向に関する独自の知見と350名のアンダーライターたちの専門知識に基づいた、160ヵ国についてのカントリー・リスク評価を発表しています。
フランスでは、コファスは国に代わって輸出保証を行なっています。
コファスはBPCEグループ(Banque Populaire Caissed'Epargneグループ)の投資銀行及び企業向け金融サービスに特化した銀行であるNatixisの子会社です。

コファスロゴ
www.coface.jp
コファスジャパン信用保険会社様   HPへ



物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け