コファス・カントリーリスク・レポート

世界有数の信用保険会社であり、世界経済アウトルックやカントリーリスク評価を行う国際機関 コファス社による、 各国・各地域のカントリーリスクに関するプレスリリースをお届けするページです。

発行:コファスジャパン信用保険会社


コファス・カントリー・リスクReport Coface

国際石油価格の下落がラテンアメリカに与える影響

2015年3月4日 サンパウロ

ラテンアメリカはコモディティの主要生産地域であり、最近の石油価格の下落はラテンアメリカ諸国にさまざまな形で影響を与えている。国際石油価格の下落が追い風となりうるのはどの国か。そして、なぜそれ以外の国にとっては逆風になるのか。

先進諸国:回復は明らかだが、欧州での投資が限定的であるため、不安定な回復である。

石油価格はここ数ヶ月急激に下落しており、2014年6月20日114.81米ドルの高値を付けた後、2015年1月28日には48.47米ドルとなった(図1参照)。57.8%という下落には、生産量の増大と需要の減少が重なったことが関係している。供給サイドでは、近年の米国におけるシェール革命により同国での生産量が上昇しており、過去30年間で最高の水準となっている。一方、主要消費国である中国(石油消費量全体の12%)では、GDP成長の減速により需要が減少している。11月27日にはOPECが生産量を現状で維持する決定を下しており、これが石油価格に対する下降圧力をさらに強めた。このOPECの決定の裏には、相対的な利益率の悪化につながる新規シェール油田への投資を抑止しようという狙いがある。
石油価格がラテンアメリカに与える影響は、この低価格がどれくらい続くかによって変わってくる。またその影響は、域内の国によってさまざまである。
最も大きな影響を受けているのはベネズエラで、IMFの予測では、石油価格が10ドル下がるごとに貿易収支がGDPの3.5%相当悪化するという。コロンビアとエクアドルも石油の純輸出国であるだけに、石油価格の下落から受ける影響がそれぞれ二番目、三番目に大きな国となるだろう。
石油単価

対照的に、チリ、ブラジル、アルゼンチン、ペルーは貿易収支の点で好影響を受けるだろう。だが中期的には、石油価格の低下は、アルゼンチン、ブラジルの燃料部門における投資計画に悪影響を及ぼす可能性がある。
石油単価

 

コロンビア、チリ、アルゼンチンに関する予測

コファスのラテンアメリカ担当エコノミストPatricia Krauseは次のように述べている。「2015年のラテンアメリカの成長率は改善するはずで、コファスではこの地域のGDPが2.3%増大すると予想しています。展望が改善されているとはいえ、主としてブラジルにおけるスタグフレーションのシナリオゆえに、そのペースは引き続き遅いと考えられます。ブラジルはラテンアメリカの経済活動の大きな部分を占めていますが、同国の経済は、少なくとも短期的には、上向きになる可能性はありません」

 

コロンビア 

経済活動は引き続き好調を維持するはずである。インフラへの投資、公共住宅、家計消費を主役とする国内市場に牽引されて成長が続くだろう。2014年のインフレ率は最終的に3.66%となり、目標の中間値である3%を上回った。最近の石油価格の低下によって交易条件は悪化しており、為替相場に影響を与え、物価の上昇圧力が生じている。

 

チリ 

2013年第4四半期以降、経済活動は減速しており、2014年第3四半期には、2009年以来最も遅い成長ペースまで落ちた(前年比0.8%の成長)。この動きは主として銅価格の下落に関連しており、これによって貿易収支と投資計画に影響が出ている。チリでは輸出がGDPの27%を占めており、輸出全体の半分は鉱産資源で構成されている。2014年9月末に法律として発効した税制改革も、企業の信頼感を引き下げる要因となっている。

 

アルゼンチン

引き続き混乱のシナリオが経過中である。2014年は恐らくマイナス成長となり、インフレ率は40%近くに達している(非公式の資料による)。外貨準備は不足しており、債務不履行の状況はまだ解消されていない。インフレ、雇用市場の悪化、将来のシナリオに対する信頼感の低さを原因とする家計消費の減退により、コファスでは2014年、2015年のGDP成長率をそれぞれマイナス1.5%、マイナス1%と予想している。


連絡先:
ジョナタン・ペレズ
Tel   03 5402 6108   
E-Mail jonathan_perez@coface.com

- コファスとは -
コファス・グループは国内及び輸出取引における債務不履行をカバーしながら、全世界の企業に売掛債権管理のソリューションを提供しています。201年、同グループは1億4千ユーロの連結売上高を計上しました。66ヵ国にて4,400名のスタッフが世界各国で現地サービスを提供しています。コファスは四半期毎に、企業の決済動向に関する独自の知見と350名のアンダーライターたちの専門知識に基づいた、160ヵ国についてのカントリー・リスク評価を発表しています。
フランスでは、コファスは国に代わって輸出保証を行なっています。
コファスはBPCEグループ(Banque Populaire Caissed'Epargneグループ)の投資銀行及び企業向け金融サービスに特化した銀行であるNatixisの子会社です。

コファスロゴ
www.coface.jp
コファスジャパン信用保険会社様   HPへ



物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け