継続こそ力なり 

当社取締役執行役員「赤峰誠司」が、ロジスティクス業界専門家として、
物流に関連するテーマで綴った渾身のメールマガジンです。
製造・卸・小売の物流ご担当者、物流事業者様など、物流に携わる人必見です。




メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録・配信停止・登録情報の変更を希望の方は上のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2007/07/02


第65回 ドライバー確保の小さなコツ!

執筆:赤峰 誠司

 日本経済が少しずつではありますが、回復&昇り調子となっています。
7月からは、昨年のピーク時に向かって燃料価格も上昇し運送事業会社に
とっては、とても厳しい状況でもあります。

 大半の運送事業会社さんは、ドライバーの確保に困難を極め、新規受注
よりも新規のドライバー確保に苦労されているのではないでしょうか。

 某東京都内に本社がありますA運送さんは、ドライバー1人の採用にかかる
コストは、35万円と言ってました。この35万円の採用コストも、定着するか
否かは別のようです。新聞折込、フリーペーパー、ネット媒体など各種の
採用方法も買い手からすると、どれもありきたりな内容に見えるのかもしれま
せん。

 先日、ある運送会社さんの社長さんに従業員確保に関する面白い手法を
聞きました。その運送会社さんも、ドライバーの定着と新規採用に悩み続け、
一時は、既存の顧客への運送サービスの提供が危ぶまれる程の人材難と
なったそうです。
 そこで、社歴の古いドライバーから比較的新しいドライバーにいたるまでの
全員へ、『新規採用と定着』についての個人面談を行ったそうです。

 数十人の全ドライバーへの面談が終了し、ある新しい試みをやって見ること
を思いついたそうです。その試みとは、社内に『ゴフル部』を創設した事です。

 これまでは、社長及び一部の幹部社員のみが行っていた『ゴルフ』を、会社
の公式なクラブ活動のように認知し、社長及び会社で持っていた会員資格の
あるコース利用をゴルフ部へ開放したそうです。

 更に、車庫スペースの配置換えを行い、練習用のネットも購入し部費を予算
化し、ゴフル未経験者にも社内ゴルフスクールを開校したそうです。

 この時から、既存のドライバーの退社が無くなり、更にドライバー間の口コミで
新規採用ドライバーが集まってきたそうです。

 もともとが、社長のゴルフ好きからきた発想かもしれませんが、全ドライバー
への面談と思い切ったゴルフ部の導入が、従業員の指示を得た良い事例だと
感じました。

 中小企業にとって、従業員とのコミュニケーションと一体感のもてるイベントは
重要な企業文化だと思います。




「継続こそ力なり」一覧へ




-赤峰誠司-
3PLにおけるSLA(サービス・レベル・アグリーメント)の企画・設計導入に注力し、
荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。
最近ではM&Aのアドバイザリー活動に引き合いが多く、物流企業M&Aや、
荷主物流部門のMBO(マネジメントバイアウト)に携わり、業界専門家としての
バリュエーション(企業価値評価)レポートを得意とする。


メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は下のボタンからクリックして登録してください。


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け