継続こそ力なり 

当社取締役執行役員「赤峰誠司」が、ロジスティクス業界専門家として、
物流に関連するテーマで綴った渾身のメールマガジンです。
製造・卸・小売の物流ご担当者、物流事業者様など、物流に携わる人必見です。




メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録・配信停止・登録情報の変更を希望の方は上のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2007/08/06


第68回 失敗しない為のアウトソーシング(1)

執筆:赤峰 誠司

 今号からは、物流アウトソーシングを始めて実施する企業を例にとり、
その担当者の視点でアウトソーシングを成功に導くためのプロセスを、
わかり易く丁寧に書いていこうと思います。

 

 まず最初に、物流アウトソーシングの変革について少し復習してみます。
物流センターの外部委託(アウトソーシング)は、1990年代と比較すると、
加速を増して「外部委託」の段階から「拡大委託」のステージへ移行して
きました。

 

 物流アウトソーシングの初期段階では、

?輸配送の委託
?保管・荷役の委託
?流通加工の委託

 とこれら物流専門事業者の領域内を外部委託する事が始まりとも言えます。

 

 第二段階では、

?物流情報システムの設計・導入・運用の委託
?在庫管理の委託
?受注業務の委託
?調達物流との融合
?物流関連資材の購買委託

と物流専門事業者の領域外も、物流アウトソーシングの枠組みへ
取組まれ、取扱範囲の拡大化が進みました。
この拡大化を推進した原動力は、「一括請負」から始まり、「3PL」へと
発展し、「3PL」が定着してきた事によります。

 また、第一段階のアウトソーシングと第二段階のアウトソーシングは、
お互いの業務フローが密接に関連し、互いの業務効率を高めていく上で
相乗的な繋がりがある事が最大の理由といえます。
これを、最近の流行言葉で言い表すと「シナジー(相乗効果)の追求に
よる業務効率のアップ」となります。

 荷主企業の視点で見ますと、「部分最適」から「全体最適」への着目による
変革であります。

 次号は第三段階について考察してみます。




「継続こそ力なり」一覧へ




-赤峰誠司-
3PLにおけるSLA(サービス・レベル・アグリーメント)の企画・設計導入に注力し、
荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。
最近ではM&Aのアドバイザリー活動に引き合いが多く、物流企業M&Aや、
荷主物流部門のMBO(マネジメントバイアウト)に携わり、業界専門家としての
バリュエーション(企業価値評価)レポートを得意とする。


メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は下のボタンからクリックして登録してください。


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け