継続こそ力なり 

当社取締役執行役員「赤峰誠司」が、ロジスティクス業界専門家として、
物流に関連するテーマで綴った渾身のメールマガジンです。
製造・卸・小売の物流ご担当者、物流事業者様など、物流に携わる人必見です。




メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録・配信停止・登録情報の変更を希望の方は上のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2013/01/15


第236回 物流サービスの対価その1

執筆:赤峰 誠司

今号から、荷主へ提供される物流サービス対価について考察いたします。

一言で物流といっても昨今の物流業界では、提供されるサービスは
多岐に渡ります。
そこで分かり易く整理するために、
1運送、2保管、3荷役、4国際物流、5その他の
5カテゴリーに分類して考えてみることにします。

 

1運送
(1)小口配送 物流センターや倉庫などから顧客までの少量品輸送
(2)大口配送 物流センターや倉庫かなから顧客までの中・大量品輸送
(3)幹線輸送 工場から倉庫及び物流センターまでの幹線輸送

 

2保管
(1)通常保管 在庫拠点として製品を保管する
(2)一次保管 通常保管以外の保管形態

 

3荷役
(1)入出庫作業 入庫検品から保管棚への格納、出庫ピッキングなど
(2)荷造梱包 梱包作業
(3)流通加工 入出庫作業や梱包作業以外の付帯作業
(4)発送作業 路線便の送り状発行・荷札貼付や輸送便への引渡作業

 

4国際物流
(1)海上輸送
(2)通関港湾サービス
(3)ドレージ
(4)デバンニング(バンニング)
(5)書類作成
(6)その他

 

5その他
(1)情報システムサービス
(2)事務代行サービス
(3)その他

 

自社物流を手がけている企業でも、上記1?4のいずれかは外部企業へ
委託していると思います。
3PLを利用したり、物流業務の大半を外部委託している場合は、
殆どが該当します。

これら物流サービスの対価(料金)は果たして適正な価格であるものか、
検証されているでしょうか?

いやいや、簡単に検証といっても大変難しいことかもしれません。
皆様の頭の中には、すぐさま

・どのように検証するのか?
・何を基準に検証するのか?
・誰が知っているのか?

等々の疑問が湧いてきたことかと思います。

 

では次号から、皆様の疑問に少しでもお答えできますように、
物流サービスの対価について具体的に考察いたします。

 

…次号へ続く




「継続こそ力なり」一覧へ




-赤峰誠司-
3PLにおけるSLA(サービス・レベル・アグリーメント)の企画・設計導入に注力し、
荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。
最近ではM&Aのアドバイザリー活動に引き合いが多く、物流企業M&Aや、
荷主物流部門のMBO(マネジメントバイアウト)に携わり、業界専門家としての
バリュエーション(企業価値評価)レポートを得意とする。


メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は下のボタンからクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け