継続こそ力なり 

当社取締役執行役員「赤峰誠司」が、ロジスティクス業界専門家として、
物流に関連するテーマで綴った渾身のメールマガジンです。
製造・卸・小売の物流ご担当者、物流事業者様など、物流に携わる人必見です。




メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録・配信停止・登録情報の変更を希望の方は上のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2014/08/06


第256回 変貌する物流戦略 その2 「3PLの終焉、特積の逆襲!」

執筆:赤峰 誠司

■日本型3PLとは、

荷主の物流業務(オペレーション)を一括で元請化することが、日本型3PLの総括では
ないだろうか?
大手陸運会社が倉庫サービスを事業化し、倉庫会社が国際複合一貫輸送を展開したりと、
荷主の物流をひとまとめで括り上げる「一括元請型3PLスキーム」は広く普及し、情報
一元化やボリュームメリットによる合理性は確かに発揮されました。

一方で、多くの物流企業が拡大路線による営業強化を進めた結果、営業企画力は以前に
比べ突出して向上したように感じますが、基本的な物流設計や倉庫オペレーション力の
高度化が3PLとして図れていないように見受けられます。
3PL企業内における営業と現場のコンセンサスギャップによる新規立ち上げの失敗事例は、
決して少なくはありません。

日本の物流業界において、1990年代後半から一大ブームを巻き起こした日本型3PLは、
その後もラディカルなイノベーションが起こることなく、結果として、大手物流企業に
とっての都合の良い営業スローガンであったように感じます。

この3PL拡大に呼応して、不動産ファンドによる大型マルチ倉庫の拡大は目を見張る活躍
ぶりとなりましたが、物流情報システム(物流IT)やマテハン機器など一部の仕分ソーター系
を除いてまだまだ未成熟であり、イノベート可能な物流業界であると感じられます。

■特積便の逆襲!

トラック事業者からの運賃値上プレッシャーは、この先も留まることなく続けられる気配です。
配送の再委託先(この業界では傭車という)や特積事業者(路線会社)から押し寄せる
値上げ問題は、今や3PL企業最大のストレスとなっており、営業戦略を変えざるを得ない
レベルにまで達しています。

ある大手3PL事業者からは「路線便のコストが合わないようだったら、荷主さんが路線会社と
直接取引を行ってもいいですと」と、なんとも心もとないコメントが発せられ、3PLのコスト
コントロール機能が不全状態となっているように感じます。

特積事業者(路線会社)から見た3PL事業者は、大口顧客である反面、低運賃顧客であり、
集荷時間の遅い問題顧客でもあるのです。
従来、巨大な物流センターから出荷される荷物量は集荷効率から考えても魅力的な荷主で
あったはずです。通常の特積会社(路線会社)は、2トン車、4トン車を夕方の限られた
時間帯に配車を行い、複数顧客の集荷を行います。その集荷の実態は、定時集荷と
電話集荷に分けられます。

一方、大型物流センターは、10トン車などの大型車輛を差し込むことで大量集荷が可能と
なります。この大量かつ効率的な一面が、特積事業者間において運賃値下競争となり、
永年において運賃が適正化できなかった最たる理由と思われます。

しかし、大量集荷であるが故に集荷時間が遅くなり、運行便の出発が遅れ、翌日配達率が
下がり、クレームが続出するといった負のスパイラルに陥ることになりました。

更に、長労働時間や原油高を含めたコスト増により、収益基盤が崩れたこと(収益力の低下)
が、特積事業者(路線会社)に最大の経営インパクトを与えることになりました。

そこで一昨年前、ひとつの大手路線会社が大逆襲に転じることとなったのです。

・・・次回に続く。




「継続こそ力なり」一覧へ




-赤峰誠司-
3PLにおけるSLA(サービス・レベル・アグリーメント)の企画・設計導入に注力し、
荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。
最近ではM&Aのアドバイザリー活動に引き合いが多く、物流企業M&Aや、
荷主物流部門のMBO(マネジメントバイアウト)に携わり、業界専門家としての
バリュエーション(企業価値評価)レポートを得意とする。


メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は下のボタンからクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け