継続こそ力なり 

当社取締役執行役員「赤峰誠司」が、ロジスティクス業界専門家として、
物流に関連するテーマで綴った渾身のメールマガジンです。
製造・卸・小売の物流ご担当者、物流事業者様など、物流に携わる人必見です。




メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録・配信停止・登録情報の変更を希望の方は上のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2015/05/13


第272回 変貌する物流戦略 その18 「市場価格と適正価格(1)」

執筆:赤峰 誠司

皆様GWはリフレッシュできましたでしょうか?

私は子供とボルダリングに行って惨敗です。
ストレッチ運動の大切さが身にしみました(笑)

連休の過ごし方も人それぞれですが、何かしらの成果 (満足感や新たな目標)があれば、
また頑張れますね。

今回からは、荷主企業が知っておかないといけない物流に関わる市場価格の
お話を致します。

通常物流コストは以下3つの区分で管理します。

1.調達物流費
2.社内物流費
3.販売物流費

今回は別の切り口での区分をご紹介します。

1.在庫保管費
2.輸配送費
3.荷役費
4.マテハン費
5.情報システム費(物流IT)

1?5のそれぞれの費用には「市場価格」が形成されています。

市場価格を的確に把握することができれば、そのサービスの適正価格が理解、
もしくは予測でき、自社の購買物流費を正しく評価できます。

さて、これまでかなり厳しく物流コストを管理してきた自負されている
荷主企業さんへの質問です。

「自社の運賃や物流センターの委託費が本当に適正なのか否か、  
正しく評価できますでしょうか?」

適正価格とは、その物流サービスに関する費用が自社の利潤を創出する水準内であり、
市場内における一定のレンジ(範囲) に収まっていることです。

自社の利潤に関しては、管理されていると思います。

一方で、市場内における一定のレンジに収まっているかどうかは、
それなりの努力をしなくては判断することができません。

何を努力するかと言いますと「市場価格」の入手です。

弊社へのご相談でよくあるのが、
「競合企業A社の物流コストを教えて(調べて)欲しい・・・。」

正直に申し上げて「無理ですし教えることはできません」
弊社が仮に知っていたとしても、それを外部の方へお伝えすることは
守秘義務違反となりますので出来ないことなのです。

「では、どのように市場価格を調べれば良いのでしょうか?」

「なぜ、船井総研ロジは市場価格を知っているのでしょうか?」

と二つの疑問が発生すると思います。

その答えは、次回にしておきます。




「継続こそ力なり」一覧へ




-赤峰誠司-
3PLにおけるSLA(サービス・レベル・アグリーメント)の企画・設計導入に注力し、
荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。
最近ではM&Aのアドバイザリー活動に引き合いが多く、物流企業M&Aや、
荷主物流部門のMBO(マネジメントバイアウト)に携わり、業界専門家としての
バリュエーション(企業価値評価)レポートを得意とする。


メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は下のボタンからクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け