継続こそ力なり 

当社取締役執行役員「赤峰誠司」が、ロジスティクス業界専門家として、
物流に関連するテーマで綴った渾身のメールマガジンです。
製造・卸・小売の物流ご担当者、物流事業者様など、物流に携わる人必見です。




メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録・配信停止・登録情報の変更を希望の方は上のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2015/07/15


第276回 物流SLMその1 「物流SLM(サービスレベルマネジメント)の有用性」

執筆:赤峰 誠司

いよいよ本格的な夏の到来ですね。
日本には四季があり、それぞれの季節で衣食住が変化します。
旬な食べ物や季節に合わせた衣類・生活用品など、シーズン特性を生かした商品が
我々の生活を支えています。
物流もまた、四季に合わせた保管や輸送方法があり、季節を取り入れた「四季のある
ビジネス」だと思うことで、夏の暑さも少しは和らぐのではないでしょうか?

さて、今号から物流SLA(サービスレベルアグリーメント)の導入に欠かせない、
物流SLM(サービスレベルマネージメント)について考察致します。

物流SLMとは、物流サービスにおけるその品質や実績に対する点検・評価・改善などを
継続的に実施する活動です。
物流SLMは荷主企業もしくは3PL企業が、日々の物流オペレーションを管理するうえで、
品質向上や生産性向上を進めていくためには欠かせない管理手法となります。

では、荷主企業・3PLそれぞれの立場での事例を解説致します。

 

■荷主企業が実践する物流SLMの事例「保管効率の向上」

荷主企業が物流オペレーションを外部企業へアウトソーシングしている場合、
一般的には保管・荷役・輸送の3業務が中心となります。

その中で、荷役は個建契約だが保管に関わる契約が「坪契約」といったパターンは
少なくはありません。

坪契約の場合「契約坪数」×「坪単価」= 保管料金となります。

荷主企業としては坪数を抑え、坪単価を廉価にすることが担当者のミッションです。
物流アウトソーシングの開始時、基本坪数は2,000坪などと専有面積を明確にして、
物流会社と契約します。

しかし、この契約だけでは将来不具合が発生する場合があります。

契約開始後、在庫数量が増大し、物流会社から増坪をしないと入らない旨の通知が
あったとします。
さて、貴社ならばこの申し出があった場合、どのような対応をされるでしょうか?

1. 少しぐらいは通路や仕分けスペースに仮置きをしてでも、増坪なしで
? 対応して頂くによう交渉する

2. 在庫が増えているは事実なので、申し出のあった増坪請求を受け入れる

3. 専有スペース(この場合2,000坪)に入らない商品をパレット枚数でカウントして、
? 申し出のあったパレット枚数分を追加保管料としてお支払いする

いずれもよくある事例です。

果たして、1?3の中でどの対応をすれば良いのでしょうか?

荷主企業の物流管理者としての適切な対応は、次号にてお伝えします。




「継続こそ力なり」一覧へ




-赤峰誠司-
3PLにおけるSLA(サービス・レベル・アグリーメント)の企画・設計導入に注力し、
荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。
最近ではM&Aのアドバイザリー活動に引き合いが多く、物流企業M&Aや、
荷主物流部門のMBO(マネジメントバイアウト)に携わり、業界専門家としての
バリュエーション(企業価値評価)レポートを得意とする。


メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は下のボタンからクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け