コファス・カントリーリスク・レポート

世界有数の信用保険会社であり、世界経済アウトルックやカントリーリスク評価を行う国際機関 コファス社による、 各国・各地域のカントリーリスクに関するプレスリリースをお届けするページです。

発行:コファスジャパン信用保険会社


コファス・カントリー・リスクReport Coface

159カ国におけるコファスの新しい政治的リスク指標 政治的リスクの幅広い上昇が、複雑な地域の経済力を覆い隠す

指標は2013年から上昇し続けている
二つの主要なリスクが考慮されている:安全保障リスク(紛争やテロ)と、政治的・社会的脆弱性である。前者は、企業がその活動を実施するのを直接的に妨げ、後者は景況感などを通じてより間接的な影響を及ぼす
紛争のリスクは2007年から2015年の間に倍増した
テロに関するリスクの上昇(2008年から2.8倍増)は、紛争の国際化が進んでいることを示している
先進経済の具体的な変数はポピュリズムの台頭を考慮に入れる

 

現在の状況に根差す政治的リスクを数量化する完全な国際的指標

西ヨーロッパ(2016年)及び 新興市場諸国(2013年)限定の政治的リスク指標に続き、コファスは159カ国をカバーする国際的な指標を発表する。安全保障リスク(紛争及びテロ)と政治的・社会的リスクという二つの主な構成要素を組み合わせることで、政治的リスクの完全なランキングが可能になる。

中東及び北アフリカのスコアは高く(アフガニスタン、イラク、リビア、ナイジェリア:100%)、2010年から上昇傾向にある(レバノンについては22ポイント増、エジプトについては20ポイント増)。サブサハラ・アフリカにおいては、投資家を思いとどまらせる紛争のために、リスクは2013年以降上昇を続けている:ナイジェリアでは36ポイント増(2013年比でFDIが-30%)、中央アフリカ共和国では28ポイント増(コートジボアールが6ポイント減とやや改善を示していることに注目)。

独立国家共同体諸国も、やはり平均を大きく上回っている。これは、ロシア(2ポイント増)及びウクライナ(41ポイント増)のスコアの悪化だけが原因ではない。タジキスタン(10ポイント増)及びアゼルバイジャン(8ポイント増)の政治的・社会的脆弱性にも、リスクの増加が示されている。

社会的脆弱性が高まっているラテンアメリカは、増加傾向にある(メキシコで25ポイント増、ベネズエラで9ポイント増)。

アジアにおいては傾向はまちまちであるが、例外は二つの大国で、中国は10ポイント増、インドは増減なしとなっている。他については、政治的リスクは2010年以降、少しずつ改善してきている(スリランカで60ポイント減、ネパールで25ポイント減)。

 

指標の三つの構成要素が、リスクが広がっていることを示している

• 紛争指標
紛争指標は紛争の発生、その激しさ、そして関与する主体の種類などに基づいている。戦乱状態にある国が、ランキングのトップを占める:アフガニスタン、イラク、スーダン、ナイジェリア、シリアである。また、カルテル戦争のためにメキシコ、そして、コロンビア、アルジェリアとインドも、リスクの高さで際立っている。

• テロのリスク
安全保障リスクは、2008年と比較して2.8倍に増えたテロ指標を考慮に入れずには考えられない。これは、事業、家庭、そして海外投資などの景況感に影響すると考えられる。いわゆるイスラム国との戦いに関与しているOECD諸国のほとんどは、2011年から2015年までの間にスコアが上がっている。先進国の中ではフランスがトップで、77%(24ポイント増)のスコアとなっている。米国(23ポイント増)、オーストラリア(27ポイント増)、そしてドイツ(27ポイント増)などでもリスクが高まっている。

• 政治的・社会的脆弱性の指標
政治的・社会的脆弱性の指標は、一方で政治体制、民俗的・言語学的分裂、そして政治及び市民の自由などを、他方で圧力や社会的リスクの手段などを考慮に入れている。ここでも、激しい紛争が起きている国が高いレベルのリスクを示している。2007年から2015年までの間に、その上昇はCISとラテンアメリカ諸国において特に顕著であった。

 

先進国にはポピュリストの台頭という試練

先進諸国においては、ポピュリズムの台頭を考慮に入れた「マニフェスト」プロジェクトのデータが加わる。これは、選挙の争点(保護貿易主義、安全保障、治安、国家的価値等)別の政治的マニフェストの割合を調べたものである。コファスによる分析では、ポピュリズムの圧力が最も高まっている国は英国(73%)とフランス(70%)で、比較的大きな割合のテーマが治安に結びついている。これに続くのがオーストラリア(64%)とオランダ(63%)で、多文化主義への不信感に関係する割合が高い。

 


連絡先:
ジョナタン・ペレズ
Tel   03 5402 6108   
E-Mail jonathan_perez@coface.com

- コファスとは -
コファス・グループは国内及び輸出取引における債務不履行をカバーしながら、全世界の企業に売掛債権管理のソリューションを提供しています。201年、同グループは1億4千ユーロの連結売上高を計上しました。66ヵ国にて4,400名のスタッフが世界各国で現地サービスを提供しています。コファスは四半期毎に、企業の決済動向に関する独自の知見と350名のアンダーライターたちの専門知識に基づいた、160ヵ国についてのカントリー・リスク評価を発表しています。
フランスでは、コファスは国に代わって輸出保証を行なっています。
コファスはBPCEグループ(Banque Populaire Caissed'Epargneグループ)の投資銀行及び企業向け金融サービスに特化した銀行であるNatixisの子会社です。

コファスロゴ
www.coface.jp
コファスジャパン信用保険会社様   HPへ



物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け