船井総研ロジ物流コンサルタントの視点

船井総研ロジメンバー独自の視点でロジスティクスを論じるメールマガジンです。
物流業界で活躍する皆様の活動に直結する情報を発信していきます。

執筆者:船井総研ロジ株式会社物流コンサルタント     編集/発行:船井総研ロジ株式会社


メールマガジンに登録すると最新号の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は右のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2019/10/09


第132回 荷主企業との契約単価に合致した生産性の把握


2019年10月より最低賃金の引き上げが実施されました。

東京都、神奈川県はついに1,000円の大台を超え、
労働集約型産業である物流業界としては甚大な課題に直面しています。

 

止まらない最低賃金の引き上げ

物流センターを運営し、多くのパートスタッフを雇用する現場を持つ企業から、
時給引き上げによる原価上昇に苦慮しているといった相談が多数届いています。


下表は厚生労働省が開示している今回の都道府県別最低賃金の一覧に上昇率を追加した表です。

 

表を見ると全体的に3%前後の引き上げとなっていることが分かります。
この上昇率をそのまま荷主企業に受け入れてもらえるケースは少ないのではないでしょうか?

 

どんぶり勘定で価格交渉する時代は終わった

荷主企業は「物流のプロ」である物流企業に業務を委託していると考えています。

そのため、原価上昇に改善対策を講じないままに価格転嫁されることは、
委託自体の意味を考え直す機会になります。


つまり、業務を請け負う物流企業は原価上昇を抑制する生産性向上に具体的に動かなければ、
荷主からその存在意義を問われることになるのです。


では皆様が管理されている現場では、現行契約単価に対して、
どれだけの生産性を発揮する必要があるのか、具体的な数値を把握しているでしょうか?


工程別に契約単価と生産性を管理されている企業や現場は少なく、
トータルで管理されている倉庫が多くみられます。


しかし、それでは倉庫作業のどの工程で収益があっていないのか、
荷主と物流企業で話し合わなければならないのかが見えてきません。

物流コスト上昇が厳しくなる中、どんぶり勘定で価格交渉する時代は終わったのです。

 

作業1件あたり処理時間の算出

荷主企業との契約単価から必要となる生産性を逆算する手法をご紹介します。
荷主企業から収受する作業単価で、物流現場は以下の費用項目を賄わなければなりません。


①作業者人件費(法定福利費込の会社が負担する費用)
②作業スペース費
③事務作業費
④現場社員人件費
⑤販売管理費、その他諸費用


上記5項目から一定の利益を残すための時間当たりの生産性を算出します。


まず初めには会社、現場として残すべき利益率を設定します。
契約単価に利益率を乗じて利益額を算出し、契約単価から差し引いた額が原価【A】となります。


①~④の総和が算出した原価【A】となるための当該作業1件あたり処理時間【X】(秒)を
算出することが今回のゴールです。

ただし、上記を算出するには秒当たりの原価を把握する必要があります。

 

秒当たり原価の算出

①作業者人件費は作業者へ支払う時給ではなく、
法定福利費等を含んだ会社の総負担額を適用してください。

また、作業者は常時生産的な作業に従事することはなく、
移動や指示、清掃なども並行して行います。

そのため、アイドルタイムの割合を予め設定することで、設定原価に余裕を持つ必要があります。


会社負担の時間当たり費用にアイドルタイムを加味した時給=負担時給×(1-アイドル比率)を
3600秒(60分×60秒)で除すことで、秒給を算出することができます。・・・【B】(円/秒)

 

②作業スペース費は作業に使用する坪数を設定し、
坪当たり単価を乗じた費用が月間のスペース費用となります。


月間のスペース費用を稼働日×日次稼働時間×作業人数で割り込むことで、
作業者一人当たりの時間当たりスペース費用を算出できます。


こちらも3600秒で除すことで秒あたりのスペース費用を算出します。・・・【C】(円/秒)

 

3分でできる時間当たり生産性算出シート

③④⑤は物量(業務量)による影響を受けない固定費となるため、
年間の想定売上に対する構成比率を算出し、単価に対する割合で把握する必要があります。


①②は秒あたりの数値に対し、③④⑤は単位が異なるため、予め契約単価に固定費の
パーセンテージをかけた費用【D】を使用できる原価【A】から差し引いてください。

 

以上で算出した値から(【A】-【D】)÷(【B】+【C】)で計算した値が、
1件にかけられる作業時間【X】(秒)となります。


3600秒を【X】で割ることで時間当たりの生産性も算出できます。


上記ロジックで作成したExcelを用意しました。
ご興味がある方はぜひダウンロードしてください。

▶3分でできる時間当たり生産性算出シート

※クリックするとすぐにダウンロードが始まります。
※貴社システムセキュリティ上、ダウンロードいただけない場合がございます。

 

持続的な現場運営体制の構築

最低限必要となる利益を確保するための生産性や
目標とする利益に必要な生産性などを把握し、現場に展開してください。

現場に数値目標を落とし込むだけでも作業者全員に目標が生まれ、
一人ひとりの作業性が向上します。


最低賃金の逓増や労働力不足による採用コスト増など、現場運営面は厳しい環境です。

作業性向上策を明確な数値目標を持って示すことで、
倉庫現場の収益改善の一歩にしていただきますと幸いです。

 

関連するお役立ち資料

カイゼンまるわかりシート

倉庫作業の問題点を抽出できるお役立ちシートです。
シートを活用し、貴社物流現場の作業効率向上を実現しましょう。

 

関連するサービス

現場改善・5

“5Sプログラム”による『現場の見える化』と、
“現場改善プログラム”による『改善実行とノウハウの習得』で、
貴社の現場が自ら考えることのできる現場に高度化します。

 

 

筆者
船井総研ロジ株式会社 
ロジスティクスコンサルティング部
萩下 元貴

▶筆者プロフィール




「船井総研ロジ物流コンサルタントの視点」一覧へ




メールマガジンに登録すると最新号の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は右のボタンからクリックして登録してください。


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け