継続こそ力なり 

当社取締役執行役員「赤峰誠司」が、ロジスティクス業界専門家として、
物流に関連するテーマで綴った渾身のメールマガジンです。
製造・卸・小売の物流ご担当者、物流事業者様など、物流に携わる人必見です。




メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録・配信停止・登録情報の変更を希望の方は上のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2017/05/10


第304回 日本型3PL-期待していいこと、出来ないこと-(9)

執筆:赤峰 誠司

ヤマト運輸さんの「働き方改革」を実現させるための行動は目を見張る
ものがあります。
運賃値上げプレッシャーは過去最大級レベルであり、荷主企業・3PL・
元請け物流企業は、相当の覚悟と対策が求められます。

今後の動きを予測すると、

・ヤマト運輸・佐川急便のBtoCタリフの値上げ(実行中)

・ヤマト運輸・佐川急便のBtoBタリフの値上げ(実行中)

・路線大手(西濃運輸・福山通運)の路線タリフの値上げ

・路線準大手(名鉄運輸・トナミ運輸・第一貨物・岡山県貨物など)の
 路線タリフの値上げ

・路線各社の路線タリフの値上げ

・中長距離輸送の値上げ

・一般区域(常温・チルド・フローズン)輸送の値上げ

・JRコンテナ、特殊輸送(精密機械・重機運搬・ユニックなど)の値上げ


と、今後、矢継ぎ早に荷主回りをすることが想定されます。

*どの程度のタリフ水準が『値上げのベンチマーク』とされているのかは、
次回funai物流オープンカレッジにてお伝えします。

5月17日「現状分析から5SにBCP策定!物流拠点のプロフェッショナル養成編」
(Funai物流オープンカレッジ)
 http://www.f-logi.com/study/flogi_open_201705.html

 

交渉によってある程度の抑止は可能ですが、ゼロ回答はとても厳しい
様相です。
中でも、以下の状況下にある取引は出荷及び荷受体制の早期改善が
求められます。


・遅い時間の集荷体制(17時以降)

・ドライバーが荷主リフトを利用して荷役を行っている

・荷下し待機時間が問題化している(1時間以上の待ち時間が発生している)


今後は当たり前に思えていた従来の輸送サービスに対する価値観を改め、
自社の物流体制を再定義することは、物流担当者や出荷担当者の喫緊の
課題であり、重要な使命となります。

 


それでは「日本型3PLへ期待していいこと、出来ないこと」の続きを
お伝えします。

今号は物流サービスにおけるデフォルト(標準)とオプション(追加)に
ついて考察します。


物流センターで発生する業務委託費用は、以下の通りです。


(1)保管スペースに関わる費用

(2)荷役スペースに関わる費用

(3)荷役作業(入出庫・梱包・出荷)スペースに関わる費用

(4)事務作業スペースに関わる費用

(5)トラックバースに関わる費用


これら5項目の費用について、荷主企業と3PLにおける認識違いがよく
見受けられます。


まず保管スペースに関わる費用については、「坪建て契約」と
「3期制契約」の2種類があります。
保管に関わるオプションは、想定保管料を上回った時に発生する
在庫過多分が問題となります。
坪建て・3期制といずれの契約であっても、保管面積は物理的な
上限があります。

その上限を超した場合に執る施策は、


(1)物流センター内の他スペースを活用する

(2)外部倉庫を活用する


の2方法となりますが、(2)のケースでよくトラブルになることが
あるようです。


外部倉庫を活用する場合、外部倉庫と往復横持ち移送費が発生します。

契約時に上限在庫数に関して規定が無い場合(だいたいの日本型3PLでは
明記はありません)は、外部倉庫との往復に発生する移送運賃を荷主と
3PLのどちらが負担するかで問題となります。

3PL曰く「保管料は契約単価で何とかしますけど、往復移送運賃は荷主
負担でお願いします」と。
荷主曰く「在庫商品の保管に関しては3PLの責任なので、そちらで全て
賄って下さい」と。
いずれの見解も間違いではなく、揉めると難しい問題です。


このような問題を回避する為には、初期の契約時に「上限保管数量」の
設定を明記するべきです。
荷主と3PLは精神的には協業パートナーであっても、取引実態は利益が
相反する関係である事実を十分に認識しておけば、このようなトラブルは
回避可能な事であり想定の範囲内となります。

 

*6月22日(木)物流センター立ち上げ・拠点移動をテーマとした
セミナーを開催します。

「物流センター立上げ・拠点移動 成功ノウハウ大公開」
 http://www.f-logi.com/study/flogi_201706_tokyo.php

 

次号も物流サービスにおけるデフォルト(標準)とオプション(追加)に
ついて考察します。

 




「継続こそ力なり」一覧へ




-赤峰誠司-
3PLにおけるSLA(サービス・レベル・アグリーメント)の企画・設計導入に注力し、
荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。
最近ではM&Aのアドバイザリー活動に引き合いが多く、物流企業M&Aや、
荷主物流部門のMBO(マネジメントバイアウト)に携わり、業界専門家としての
バリュエーション(企業価値評価)レポートを得意とする。


メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は下のボタンからクリックして登録してください。


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け