継続こそ力なり 

当社取締役執行役員「赤峰誠司」が、ロジスティクス業界専門家として、
物流に関連するテーマで綴った渾身のメールマガジンです。
製造・卸・小売の物流ご担当者、物流事業者様など、物流に携わる人必見です。




メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録・配信停止・登録情報の変更を希望の方は上のボタンからクリックして登録してください。




配信日: 2017/12/11


第309回 今、物流部がやるべき3つの施策(4)

執筆:赤峰 誠司

宅配・路線会社の値上げプレッシャーがもの凄い勢いで強まっています。

国内のBtoCは、大手3社で95%以上の寡占状態であり、既存宅配会社から
大幅な値上げ要請があっても代替手段がないため、荷主は受け入れざるを
得ない状況です。

今後特に輸送手段の再構築を迫られるケースは、以下の通り。

①1個の重さが20kgを超えるもの
→女性ドライバーや高齢者ドライバーには負担が大きく、荷扱いが困難なため

②長尺品や異形物
→女性ドライバーや高齢者ドライバーには負担が大きく、且つ積載率低下を
 招くため


路線会社も宅配3社の勢いがそのまま引き継がれ、大幅な値上げ要請を
荷主・元請物流会社へ突き付けています。

2013年にあった、陸運各社の運賃値上げ運動は、燃料高騰が主な理由でした。
この当時の値上げ幅は、弊社分析によると5%~10%の水準。
今回の路線会社は、その水準を大きく上回り、10%~20%の要求が出ています。

今後もドライバー不足が解消する手立てはなく、路線各社は現状のドライバー数
を維持するのが精一杯。
当面の戦略は、貨物量を増やさずに運賃水準を上げていくことによって、
輸送単価を引き上げ、利益率を高める方針です。

 


一方、一般区域事業会社の動向はといいますと、現時点では様子見が大半です。
宅配・路線会社は荷主が分散されて、特定荷主への依存度が高くはありません。

しかし、一般区域事業会社の大半は特定荷主(顧客)の占める割合が高いため、
そう簡単にブームに乗って値上げとはいかないようです。

ただ、その様子見もいつまでもは続かないと思われます。
現実的にドライバー不足は深刻な問題であり、ドライバーを維持するためには、
運賃を上げて、賃金改定を行わないと継続雇用が難しい状況です。

現時点で値上げ要請がない荷主も、年明けには間違いなく強い要請が来る
はずです。

 

特に要注意するべき荷主・元請物流会社は以下の通りです。

①平ボディー車・ユニック車
→ウィング車に比べ、汎用性が引く車両数が少ないため

②手積み手下ろし
→手積みは一番ドライバーに嫌わているため

③長距離輸送
→現状は高齢ドライバーが支えていますが、40歳以下のドライバーは
なりたがらない

④積み込みや荷下ろし待機が常時発生している
→運送約款の改正もあり、割増もしくは輸送拒否が起こりえる

 ※運送約款改正のコラムはこちら
 『運送約款改正による物流業界への影響』

⑤ドライバーによるリフト操作
→こちらも、本来は車上渡しが原則のため、運送会社のリスクと負担が
大きいため

 


今後3年以内に国内の陸上輸送運賃は30%~50%レンジで上昇するものと
みています。
荷役も人手不足により上昇します。
残されたコストダウン領域は、

①保管料の削減
②自動化による生産性向上
③輸送モードの見直しによる輸配送体制の再構築

今年の7月以降になって、当社へ寄せられるご相談は全て上記3点です。
特に多いご相談は、

①自社の運賃水準を市場価格と比較して評価して欲しい
②路線便から区域便・共配便への切り替えをやって欲しい
③拠点戦略をゼロベースで再構築して欲しい

運賃上昇コストをいかに抑制するかよりも、思い切った施策を打つことで
この難局を乗り切りたいと考えている荷主が多いのはでないでしょうか。

輸送会社からの値上げ要請を下手に断ってしまったり、期限なく引き
伸ばしたりすると、輸送拒否や取引離脱が想定されます。
今年のこのトレンドは、いまだかつてない規模・レベルであることを
荷主は正しく認識しておきましょう。

 

国内の物流業界は、
荷主が運送会社を「選ぶ時代」から「選ばれる時代」へと大変革しました。


来年1月の『funai物流オープンカレッジ』は、小職による
「2018年物流動向予測」です。

この激動の物流業界がどうなるのか?
荷主や元請物流会社・3PLはいかに乗り切るのか?

などの時流をお伝えしますので、お見逃しなく。

▼詳細・お申込はこちら


無料相談はこちらです。お気軽にお申し出下さい。

▼お申込はこちら

 

 

※3PL(Third Party Logistics)の概念は以下をご覧ください。

物流用語辞典 「3PL」

 

 


次号に続く




「継続こそ力なり」一覧へ




-赤峰誠司-
3PLにおけるSLA(サービス・レベル・アグリーメント)の企画・設計導入に注力し、
荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。
最近ではM&Aのアドバイザリー活動に引き合いが多く、物流企業M&Aや、
荷主物流部門のMBO(マネジメントバイアウト)に携わり、業界専門家としての
バリュエーション(企業価値評価)レポートを得意とする。


メールマガジンに登録すると「継続こそ力なり」の掲載をお知らせ致します。
登録希望の方は下のボタンからクリックして登録してください。


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け