信頼できるコンサルティング会社、コンサルタントとは

外資系、日系、独立系、IT系、シンクタンク系など多種多様な業種のコンサルタント会社やコンサルタントが存在します。
しかし、コンサルタントという仕事は国家資格ではなく、何か明確な数字で表現されるわけでもないため、どのコンサルティング会社(コンサルタント)へ依頼すれば良いのか?という悩みは尽きません。
クライアント(依頼人)は自社の悩みや課題を解決するために、コンサルタントへ自社の重要なデータや話など簡単には話せない内容を話さなくてはなりません。また、そのコンサルフィー(報酬)も決して安くはありません。
「信頼できるコンサルタントへ依頼したい」と願うことは当然です。
信頼できるコンサルティング会社、あるいはコンサルタントであるかどうか、以下の項目をチェックしてみてはいかがでしょうか。

1.話に一貫性がある

コンサルタントは自身の考えや知見を、メルマガやブログ・コラム・書籍といった各種媒体や、対面・セミナーなどで発信しています。それら個人の発信内容だけではなく、同じ会社に所属しているコンサルタントの発信内容の全てが一貫性のある話になっているかどうかがポイントです。
個人としての一貫性、会社(組織)としての一貫性があるということは、全員が同じ方針に則って同じ方向を向いて仕事に向き合っている証拠です。そのため、どの人と話をしてもクライアントに提示される方針が大きくずれることはありません。 その根底には、会社としての、人としての信念があるからです。信念のある会社や人はぶれることなく、クライアントを正しい道へと導くことが出来ます。

2.質問力

「質問力」という言葉が話題になりました。質問力は、相手への真摯な態度、豊富な経験と知見によって高まります。
質問内容によって、そのコンサルタントのクライアントに対する姿勢や、コンサルタントとしての経験をうかがうことが出来ます。コンサルタントの質問は、クライアントの悩みや課題を的確に掴むために的を得た質問になっているか。豊富な経験や知見に裏付けられた、角度や深みのある質問になっているか確認してください。

3.業界内での知名度が高い

当社では、年間に10本以上の物流コンペに携わっています。そのため、多くの物流企業の方と顔を合わせる機会が多くあり、何度も顔を合わせる物流企業もいます。他にもクライアントの現場視察で物流企業と顔を合わせることもあります。このように様々な場面で業種や職種問わず物流業界に携わる方と顔を合わせているため、必然と物流業界内で「物流コンサルタントの○○さん」「物流コンサルティングの船井総研ロジ」と覚えられていきます。全てはクライアントからの依頼があっての活躍ですので、業界内での知名度=活躍していると判断できます。
また、情報発信が多い会社も当然知名度が高まります。情報発信は、クライアントの問題や悩みを解決するため、あるいは業界に対する啓蒙活動の一貫になります。情報発信を多くしているということはそれだけ蓄積された知見や経験があり、業界全体を良くしていこうという想いがあると判断できます。

4.情報通であるか

当社が主催する物流セミナーの受講者アンケートに「事例が聞けてよかった」や「時流を知れてよかった」と多く書かれています。これから分かるように、コンサルタントへ期待することのトップ3の一つが「情報」。当社にご相談頂く内容の一つに「自社の配送費は相場にあっているのか?」というものがあります。東京-大阪間の路線便であればこれくらいの水準、と相場がコンサルタントの頭になければ回答できないどころか、お客様を正しく導くことができません。ただし、相場も“最新の”相場でなければ意味がありません。情報とはコンサルタントにとっての生命線のようなものです。つまり、コンサルタントであるためには情報通でなければなりません。どれほど、コンサルティング会社やコンサルタントが最新の情報を持っているかが、お客様の問題や悩みを解決するためには重要です。

5.相性と勘

最終的に判断するのは、コンサルティング会社のホームページを見たときの印象や、コンサルタントに会ったときの相性、そしてクライアントの勘が大事です。
クライアントは、自社の問題や悩みを解決するためにコンサルティング会社へ依頼します。コンサルタントの力を活用し、最大限の成果を得るためには、クライアントが感じている些細な悩みや懸念していること、相談を気軽にコンサルタントへ言える間柄が好ましいです。
また、どんなに小規模なコンサルティング案件だとしても、クライアントはコンサルタントと数ヶ月間お付き合いすることとなります。その間、お互い円滑にやり取りができ、満足いく結果を導き出すためには、良好な関係が必要不可欠です。

「このコンサルティング会社はどうだろう」と気になった場合、自社にとって最適なコンサルティング会社を選ぶために重要かつ簡単に出来ることは、まずはその会社が発信している知見(メルマガ、コラム、書籍)などを読むこと。そして、セミナー等開催している場合、相性や雰囲気を掴むために参加してみてください。
コンサルティング会社の選択は、自社の未来を選ぶことです。しっかりと、ご自身の目で選ぶことをお勧めいたします。


 Funai物流オープンカレッジ(物流マネジメント研究会)ページはコチラ funai物流オープンカレッジ

コラム一覧へ戻る




関連サービス

物流戦略策定支援 物流戦略策定
物流部門に対する事業力分析、コストダウン、戦略策定をし“あるべき姿”を策定いたします。貴社を競争優位に導く物流高度化にむけたKFS(Key Factors for Success)を設定し、統合的ロジスティクス体制の構築に向けてのアクションプランを策定します。


物流業務受託 物流業務受託
貴社の代行として物流業務の管理・運営を行います。マネジメントを行い、高品質な体制を構築し恒常的な改善活動でコスト削減いたします。貴社のメリットとベクトルが合致したマネジメント型3PLが特徴です。改善で得られた成果はゲインシェアリングで還元いたします。


ロジスティクスIT構築 ロジスティクスIT構築
ロジスティクスITの導入、再構築における業務設計・システム設計・導入支援を実践いたします。オペレーションのブラックボックス化を回避するため物流IT専門コンサルタントが業務プロセスの再点検し、適正な業務フローに基づいたシステム設計をご提供いたします。

サービス一覧はこちらから




物流担当者のお悩み相談
サービスメニュー

コンサルティング

物流コストダウン・効率化・拠点統廃合・
物流コスト評価

物流コスト削減

在庫削減

物流コンペ実行・成功支援プログラム

物流拠点配置策定支援

物流コスト(運賃・荷役料・保管料)妥当性・評価

保管費削減“ズバリ”プログラム

物流戦略策定

物流戦略策定

グローバルSCM

物流BCP策定

物流BCP簡易診断

物流子会社支援

物流子会社診断・評価

事業戦略策定

外販強化支援

物流子会社向け人材育成プログラム

現場改善・品質向上

倉庫・作業見直し

管理・品質向上

現場改善・5Sプログラム

  現場改善・5S 自社物流(荷主・物子向け)

  現場改善・5S 業務請負(物流企業向け)

  物流倉庫5S実践(荷主・物流企業共通)

梱包支援

倉庫作業省力化90日プログラム

マッチング

物流会社マッチング“ズバリ” プログラム

共配会社マッチング“ズバリ”プログラム

組織(部門強化・人材育成)

組織づくり・人材育成

荷主企業向け物流部門強化プログラム

外資企業物流支援

外資系企業向け物流体制の構築支援

外資系企業向け日本国内物流体制のカイゼン支援

情報システム

物流情報システム構築・導入

ロジスティクスIT構築

シミュレーションシステム

配車シミュレーション

物流研究会・物流セミナー

物流研究会・物流セミナー

セミナー講師

関連動画

物流セミナーレポート

3PL

物流業務受託

DM発送代行

サンプリング物流

中ロットビジネスサービス

印刷代行サービス

輸配送アウトソーシング・最適化提案

物流センター・倉庫トータルサポート

配送プラットフォーム

共同配送サービス(to B)

衛生材料品

日用品

宅配サービス(to B、to C)

宅配サービス

共同購買

ガソリン(燃料)

梱包資材(段ボール・緩衝材・封筒)

物流関連アイテム

  ショックウォッチ(Shock Watch)

  ストアテープ、ロゴ入りテープ

AdBlue®


funai物流カレッジ 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け