燃料価格からみる世界経済の未来

燃料の価格が上がっている?!
私たちの生活にじわじわとしかし確実に影響を与えるもの、それが燃料価格です。
例えば、私たちの社会生活に自動車は欠かせません。
最近では少しずつ電気自動車も普及し始めているものの、ガソリンが自動車の主要燃料であることは今も変わりません。
個人、家族単位の移動手段としてだけでなく、流通を支えるトラックやタンクローリー、工事現場などで働く建機、さらにはバスや飛行機など旅客用に至るまで、ガソリンや軽油を燃料として動いています。
2016年秋以降、燃料価格が徐々に高騰していると感じている方も多いのではないでしょうか。
では、ここで軽油を例に過去7年間の小売価格の推移をみてみましょう。

軽油全国平均小売価格の推移(2010年1月~2017年1月)

※一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター発表の一般小売価格調査「給油所ガソリン・軽油・灯油」をもとに船井総研ロジ株式会社にて作成。
※2012年2月全国平均小売価格を100%とする。
※消費税抜価格

長期的には、2013年に入ってから高騰傾向となったものの、2014年夏をピークにそれ以降は急落し、2015年初に一度安値を付けました。その後やや戻ったものの、2016年3月に底を打ちその後は上下しながら上昇傾向が続いています。
長期的なスパンでみると直近2年の最安値の時期を抜けたといえるでしょう。


値動きに影響を与えている背景
では2016年に入ってからの1年間の値動きを切り取って見てみましょう。
どういった背景が値動きに影響を与えているのでしょうか。

軽油全国平均小売価格の推移(2016年1月~2016年12月)

2016年11月30日石油輸出国機構(OPEC)は原油減産に合意しました。
減産はリーマンショック後の2008年12月以来8年ぶりのことです。
OPEC開催前は減産を主張するサウジアラビアと増産したいイランとの間で利害が対立しており減産合意は難しいのではという市場予想がありました。
OPECに加盟していないロシアなどの産油国も減産に同調したため、ここ2年ほど続いていた超原油安に歯止めがかかるのではといわれています。
原油価格の低迷に苦しんできた産油国は価格の底上げに期待をかける一方で、原油のほぼすべてを輸入に頼る日本にとって急激な価格上昇は、電気代や原材料価格の上昇を通じて国民生活や企業活動に広く影響を与えることになります。
加えて、円安ドル高の影響をうけ、原油の輸入コストは増大しています。
ANAとJALは、国際線の旅客運賃に上乗せする燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を2月から10カ月ぶりに復活させる方針を発表しました。


注目すべき一大産油国であるアメリカの存在
このような原油価格をとりまく情勢の中で、注目すべきは一大産油国であるアメリカの存在です。アメリカはこれまで自国の原油を輸出することはありませんでしたが、現在国内ではかなりの過剰状態になっていて、輸出禁止をだんだん緩和しています。
また、シェールガスの開発でも世界をリードしているのがアメリカです。
現在シェールガスの開発コストよりも安いという理由で石油が選ばれていますが、今後技術革新が進んだ結果シェールガスの開発コストが下がり石油に対抗できるエネルギーとなる可能性も考えられます。トランプ大統領もエネルギー開発を最重要課題と捉えており、シェールガスが息を吹き返し増産する事態になれば、原油価格は想定したほど上がらないかもしれません。
結果、OPEC加盟国の経済に打撃を与え、新興国の景気が悪化し世界経済の景気後退を引き起こす可能性も潜んでいます。


2月に入り燃料価格の動きは落ち着いたようですが、今後も動向をみていく必要があるといえるでしょう。


コラム一覧へ戻る




関連サービス

ガソリン(燃料) 共同購買(燃料)
全国指定給油所で利用可能な燃料の共同購買サービスです。
軽油・ハイオク・レギュラーいずれも適用可能です。



グローバルSCM グローバルSCM
サプライチエーン全域を対象としOUT-IN/IN-OUTにおけるクロスボーダー物流をコスト・コンプライアンス・クオリティーと3視点で診断いたします。あらゆるクロスボーダー物流リスクの抽出とその回避策を構築し貴社に優位な戦略を策定いたします。


物流拠点配置策定支援 物流拠点配置策定支援
既存の物流拠点をゼロベースで見直し、輸送効率化、リードタイム短縮を図ります。BCP対策など貴社の物流戦略が優位となる施策を策定いたします。別途、在庫最適化や最適在庫マネジメント手法の導入などP/LとB/Sの両方に効果的なコンサルティングを行います。


物流戦略策定支援 物流戦略策定
物流部門に対する事業力分析、コストダウン、戦略策定をし“あるべき姿”を策定いたします。貴社を競争優位に導く物流高度化にむけたKFS(Key Factors for Success)を設定し、統合的ロジスティクス体制の構築に向けてのアクションプランを策定します。

サービス一覧はこちらから




物流担当者のお悩み相談
サービスメニュー

コンサルティング

物流コストダウン・効率化・拠点統廃合・
物流コスト評価

物流コスト削減

在庫削減

物流コンペ実行・成功支援プログラム

物流拠点配置策定支援

物流コスト(運賃・荷役料・保管料)妥当性・評価

保管費削減“ズバリ”プログラム

物流戦略策定

物流戦略策定

グローバルSCM

物流BCP策定

物流BCP簡易診断

物流子会社支援

物流子会社診断・評価

事業戦略策定

外販強化支援

物流子会社向け人材育成プログラム

現場改善・品質向上

倉庫・作業見直し

管理・品質向上

現場改善・5Sプログラム

  現場改善・5S 自社物流(荷主・物子向け)

  現場改善・5S 業務請負(物流企業向け)

  物流倉庫5S実践(荷主・物流企業共通)

梱包支援

倉庫作業省力化90日プログラム

マッチング

物流会社マッチング“ズバリ” プログラム

共配会社マッチング“ズバリ”プログラム

組織(部門強化・人材育成)

組織づくり・人材育成

荷主企業向け物流部門強化プログラム

外資企業物流支援

外資系企業向け物流体制の構築支援

外資系企業向け日本国内物流体制のカイゼン支援

情報システム

物流情報システム構築・導入

ロジスティクスIT構築

シミュレーションシステム

配車シミュレーション

物流研究会・物流セミナー

物流研究会・物流セミナー

セミナー講師

関連動画

物流セミナーレポート

3PL

物流業務受託

DM発送代行

サンプリング物流

中ロットビジネスサービス

印刷代行サービス

輸配送アウトソーシング・最適化提案

物流センター・倉庫トータルサポート

配送プラットフォーム

共同配送サービス(to B)

衛生材料品

日用品

宅配サービス(to B、to C)

宅配サービス

共同購買

ガソリン(燃料)

梱包資材(段ボール・緩衝材・封筒)

物流関連アイテム

  ショックウォッチ(Shock Watch)

  ストアテープ、ロゴ入りテープ

AdBlue®


funai物流カレッジ 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け