20t車を使用する、メリット・デメリット

大型トラックである20t車を使用する、メリット・デメリットをご紹介します。

メリット

一度に大量の荷物を輸送することが可能


ドライバーの負荷軽減

トレーラーはヘッド(運転席)と荷台を切り離すことができますので、納品先が遠方の場合はフェリーを活用することができます。例えば、集荷場に近い港でヘッドと荷台を離し荷台のみフェリーに乗せます。
到着地の港で、現地ドライバーのヘッドと荷台を連結し納品先へお届けします。
ドライバーが長距離輸送することなく、遠方への配送が可能になります。



長尺物の輸送に向いている

荷台が広いため、長尺物の輸送に適しています(荷台の長さは約13m)。




デメリット

リードタイムの制約

上記のフェリー使用であれば納品時間に制約があるお客様には向いていません。



コストアップ

1度に20tトレーラー分の輸送が可能な物量が確保できない場合は運賃が割高になる傾向です。



納品先の条件

納品先にトレーラーが入ることができるスペースがなければ、別の場所で4t車等に積み替えてお届けすることになり、手間とコストがかかってしまいます。





関連するサービス

 共同配送
 物流コスト削減
 物流拠点配置策定支援
 物流戦略策定
 配車シミュレーション


物流担当者のお悩み相談
サービスメニュー

コンサルティング

物流コストダウン・効率化・拠点統廃合・
物流コスト評価

物流コスト削減

在庫削減

物流コンペ実行・成功支援プログラム

物流拠点配置策定支援

物流コスト(運賃・荷役料・保管料)妥当性・評価

保管費削減“ズバリ”プログラム

物流戦略策定

物流戦略策定

グローバルSCM

物流BCP策定

物流BCP簡易診断

物流子会社支援

物流子会社診断・評価

事業戦略策定

外販強化支援

物流子会社向け人材育成プログラム

現場改善・品質向上

倉庫・作業見直し

管理・品質向上

現場改善・5Sプログラム

  現場改善・5S 自社物流(荷主・物子向け)

  現場改善・5S 業務請負(物流企業向け)

  物流倉庫5S実践(荷主・物流企業共通)

梱包支援

倉庫作業省力化90日プログラム

マッチング

物流会社マッチング“ズバリ” プログラム

共配会社マッチング“ズバリ”プログラム

組織(部門強化・人材育成)

組織づくり・人材育成

荷主企業向け物流部門強化プログラム

外資企業物流支援

外資系企業向け物流体制の構築支援

外資系企業向け日本国内物流体制のカイゼン支援

情報システム

物流情報システム構築・導入

ロジスティクスIT構築

シミュレーションシステム

配車シミュレーション

物流研究会・物流セミナー

物流研究会・物流セミナー

セミナー講師

関連動画

物流セミナーレポート

3PL

物流業務受託

DM発送代行

サンプリング物流

中ロットビジネスサービス

印刷代行サービス

輸配送アウトソーシング・最適化提案

物流センター・倉庫トータルサポート

配送プラットフォーム

共同配送サービス(to B)

衛生材料品

日用品

宅配サービス(to B、to C)

宅配サービス

共同購買

ガソリン(燃料)

梱包資材(段ボール・緩衝材・封筒)

物流関連アイテム

  ショックウォッチ(Shock Watch)

  ストアテープ、ロゴ入りテープ

AdBlue®


funai物流カレッジ 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け