グローバルSCM

強靭なグローバルSCM構築を目指し、全体最適化の視点から、海外一貫物流の設計・実践をご支援します。

生産活動のグローバル化に伴い、世界規模での生産・製品流通ネットワークが急速に展開しています。 その結果、サプライチェーン全体に関る企業連携最適化を目指す、グローバルSCMの実践が企業競争力を左右する課題となっています。

荷主企業にとっては、複合一貫輸送などシームレス物流による輸送管理効率化という側面と、
在庫圧縮・リードタイム短縮を通じたコストダウン実現・キャッシュフロー向上という2つの側面から、
クロスボーダーロジスティクスの整備はグローバルSCM構築が不可欠であり、その効率性を左右する最重要機能となっています。



海外一貫物流診断と再構築プログラム

今後、海外拠点進出をお考えの企業様、あるいは既に進出済みであるが、既存の輸送サービス・コストなどに課題を感じておられる企業様は、是非ご相談下さい。OUT-IN/IN-OUT、何れのクロスボーダーロジスティクスについても、コスト・コンプライアンス・クオリティーと3つの視点でご提案・診断を致します。

また、ロジスティクス体制構築・運営にあたっては、国や地域ごとに異なる制度的相違・法規制、労働慣行などに伴い想定しうるリスク要素の抽出、およびその回避策を事前策定しておくことが不可欠です。

当社は、ロジスティクスを成功に導く本質とは何か、その深い理解に基づき、グローバル展開を進める企業様に競争優位となる物流戦略をご提示いたします。


海外一貫物流診断・構築プログラムのステップ
グローバル物流戦略のフローズ



 海外直流化(ダイレクトシップメント)プログラム

直流化とは、海外に物流センターを置き、従来国内物流センターで行っていた店別仕分やタグ付けを海外物流センターで行い、そのまま国内店舗に直送するしくみを指します。

センターの海外移管により、作業・保管コストダウンが見込めること、また、各仕入先の海上輸送を集約化することによる海上運賃削減が図れるため、アパレルSPAなどを中心に導入が拡がっています。


直流化(ダイレクトシップメント)とは

現状の調達フロー
グローバル物流の現状調達フロー
直流化フロー
グローバル物流の直流化フロー


現地メーカーで製造した商品を、現地で店別に仕分けしフルコンテナ化して日本の保税倉庫へ入れ、各店へそのまま配送することで、国内における物流コストの最小化が実現できる

 詳細 『物流用語辞典』 直流化



直流化(ダイレクトシップメント)導入によるメリット
1.物流センター海外移管による
作業・保管コスト削減
2.海上輸送コンテナ集約による
フレート運賃低減
3.直貿比率向上による、
商社マージンカット
4.海外内販(ローカル販売)
展開への体制構築

船井ロジの『海外直流化プログラム』では、既存の物流体制を精緻な分析に基づき、海外一貫物流プログラム導入にあたってのフィージビリティスタディを行います。
メリットとしてのコストダウン余白算出だけでなく、デメリットやリスクを含めたビジネスインパクト分析を展開することで、貴社にとって最適なロジスティクスを組み立てるための、総合判断指標を得ることが出来ます。



船井総研ロジが発揮する強み

物流に特化した高い専門性と情報ネットワーク

当社には輸送・保管・物流IT等「機能」のエキスパートと同時に、あらゆる業種業界に精通した専門家が在籍しています。機能・業界という縦横の視点から最適なグローバル物流プランをマップアウト致します。
物流に特化してきたからこそ形成された国内外の物流企業とのネットワークを有しています。

物流システム設計と要件定義書策定

直流化実践にあたって不可欠である、グローバル在庫管理システム等の物流IT構築にむけて、機能毎の重要度を整理し、要件定義書を策定いたします。
物流体制移行の際も、生産~販売までスムーズな連携のためのノウハウを提供します。

実相場に精通、現実的なベンチマーク設定

数多くの案件に関わることによって収集した相場情報によって、現実的な調達・販売物流コストに精通しています。 コストダウンの視点では、実現可能などベンチマーク設定が可能です。また、適正単価での契約を推進します。

経営視点でのロジスティクスプランの策定・分析

メリットのみではなく、デメリット・リスクを全て洗い出し、綿密なFSを実行します。
経営的な視点から、B/S・P/L・C/F各々に与えるインパクトを分析し、グローバルロジスティクス体制構築へ取組みます。

トップに戻る

このテーマにご興味がある方へおすすめサービス

物流コスト削減・コストダウンプロジェクト 物流コスト削減
物流に関わるコスト(海上輸送費・航空輸送費・陸上輸送費・荷役費・拠点費等)を総点検し、市場価格とのギャップを抽出いたします。このプロジェクトで貴社のあるべきターゲットを明確に設定し、改善施策を具体的に短期・中期と分けて策定いたします。


物流戦略策定支援 物流戦略策定
物流部門に対する事業力分析、コストダウン、戦略策定を実行し“あるべき姿”を策定いたします。貴社を競争優位に導く物流高度化にむけたKFS(Key Factors for Success)を設定し、統合的ロジスティクス体制の構築に向けてのアクションプランを策定します。


物流子会社支援 物流子会社支援
診断・評価、戦略、外販力、人材育成の側面から物流子会社を支援いたします。

サービス一覧はこちらから




サービスメニュー

コンサルティング

物流コストダウン・効率化・拠点統廃合

物流コスト削減

在庫削減

物流コンペ実行・成功支援プログラム

物流拠点配置策定支援

物流戦略策定

物流戦略策定

グローバルSCM

物流BCP策定

物流BCP簡易診断

物流子会社支援

物流子会社診断・評価

事業戦略策定

外販強化支援

物流子会社向け人材育成プログラム

現場改善・品質向上

倉庫・作業見直し

管理・品質向上

現場改善・5Sプログラム

  現場改善・5S 自社物流(荷主・物子向け)

  現場改善・5S 業務請負(物流企業向け)

  物流倉庫5S実践(荷主・物流企業共通)

梱包支援

作業効率向上130%UPプログラム

組織(部門強化・人材育成)

組織づくり・人材育成

荷主企業向け物流部門強化プログラム

外資企業物流支援

外資系企業向け物流体制の構築支援

外資系企業向け日本国内物流体制のカイゼン支援

情報システム

物流情報システム構築・導入

ロジスティクスIT構築

シミュレーションシステム

配車シミュレーション

物流研究会・物流セミナー

物流研究会・物流セミナー

関連動画

物流セミナーレポート

3PL

物流業務受託

DM発送代行

サンプリング物流

中ロットビジネスサービス

印刷代行サービス

共同配送

共同配送

  電器製品

  一般医薬品

  化学品

  衛生材料品(おむつ・マスクなど)

共同購買

ガソリン(燃料)

梱包資材(段ボール・緩衝材・封筒)

物流関連アイテム

  ショックウォッチ(Shock Watch)

  ストアテープ、ロゴ入りテープ

オートコープクラブ

人材紹介・採用支援

人材紹介・採用支援


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け