物流戦略策定~統合的ロジスティクスへの変革

全体最適の視点から、物流部門の‘あるべき姿’を策定し、
競争優位に導く差別化価値を生み出します


物流戦略策定

企業活動のバリューチェーンにおいて、貨物を輸送する・保管する・加工する「物流機能」は欠くべからざるものです。多くの企業において、「効率化」や「合理化」に向かっては、調達物流・生産物流・販売物流など領域ごとに、部分最適を目標とした取組が進められてきたものと思われます。

しかしながら、生産・消費市場のグローバリゼーションは、あらゆる地域における需要創出可能性が追求され、急速に広域化しています。
また、技術革新が顧客接点を複雑化し、販売チャネル多様化への対応は、企業の成長シナリオにおける重要課題として位置付けられるようになりました。

刻々と変化するこうした経営環境のなかで、バリューチェーン上の全活動にかかわる物流を統合管理する「ロジスティクス」の考え方・取り組み有用性に対する認識は定着し、企業経営にとってその成否が一層重要な意味を持つようになっています。



外部視点による課題抽出の重要性と、当社の強み

全社横断的な物流最適化という視点、また、一歩進んでロジスティクスの優越を差別化価値として位置付ける戦略的体制作りについては、部門調整・全体方針との整合性判断の必要性などから、自社リソースのみでの実施には難しさがあります。

こうした状況の打開には、社内の先入観を取り払い、第三者視点から現状を捉え、課題・問題点を洗いざらい抽出することが求められます。そのうえで、貴社を競争優位に導く物流高度化にむけたKFS(Key Factors for Success)を設定し、統合的ロジスティクス体制の構築に向けてのアクションプラン策定をします。


プロジェクト遂行のポイント

物流高度化に向けたシクミづくりに向けて、我々は、主に以下の視点に立脚してプロジェクトを遂行いたします。

1.ヒアリングによる現状分析
現状の物流体制における非効率や余剰コスト負担の有無を調査し、削減余白を定量的にご提示します。

2.KFSを設定
物流機能別に抽出された現状の課題・問題点から、物流高度化にむけたKFS(Key Factors for Success)を設定、あるべきロジスティクス戦略の策定をします。

3.アクションプラン策定と業務設計サポート
KFSを具体化するためのロードマップを作成、プランを実践に落とし込む業務フローを再設計、マイルストーンに応じたサポートを致します。



プロジェクトフローと概要

物流戦略策定のフロー図

当社は、ロジスティクス専門コンサルティングファームとして、数々のクライアント企業様へのご支援を展開し、目に見える改革・改善を実感して頂いております。
こうした実績を通じて醸成されたノウハウ、ヒストリカルデータ・他社モデル事例など、我々独自のコンピテンスを駆使し、戦略策定から業務設計・実行支援に至るまでの実効的サポートを、皆様にお約束します。




物流高度化にむけた視点(KFS)

物流高度化の視点(KFS)については、主に以下のポイントであると当社は捉えています。

成長を牽引する物流戦略とは何か、統合ロジスティクス具現化に必要なKFSは何か、精緻な内部・外部環境分析から実態に切り込み、貴社に最適な提言を致します。

KFS 実践する打ち手 狙い(効果)
(1)競争優位な
ローコスト体制
物流統合
- グループ・社内・部署間に各々存在する、
  同一機能の物流を集約
・調達メリット創出
・非効率業務の排除
抜本的コスト低減と物流品質向上
- 成長戦略に合致した、物流運営戦略を
  再選択(自社運営外部委託の選択)
- アウトソーシング戦略の見直し
  (委託先コンペ実施)
・市場価格適用によるコスト削減
・サービスレベル条項を盛り込んだ契約
  改定
(2)統合的
物流マネジメント
サプライチェーン組成・管理
- 調達・社内・製品物流など、全領域に亘る
  SCMを統制
・集中管理方式実践による効率化
・適正在庫管理(JIT方式導入)
統合的物流管理を推進する組織整備
- 全社の物流管理・在庫管理を実現する
  組織体設置
- 物流領域における、各部門の役割・
  責任・権限の明確化
・ムリ・ムダ・ムラの排除
(3)オペレーション
可視化と標準化
業務プロセス明確化
- 定型/非定型業務の分類・明文化
- 明確な業務フローつくりと作業KPI設定
・ブラックボックスの排除
・物流運営(自社/外部委託)選択時の
  コスト妥当性判断基準を確立
(4)業務品質の
維持・向上に
むけたシクミづくり
品質・コストドライバー設定
- 保管/輸送/作業/資材、それぞれに目標
  値を設定
・生産性維持・継続的改善
・物流運営(自社/外部委託)選択時の
  管理指標を確立
(5)グローバル
ロジスティクス
体制構築
グローバル展開を将来像に見据えた中期計画策定
- 海外物流体制構築を意識したプラット
  フォームつくり
- 協業(アライアンス)に関するフィージ
  ビリティ調査と、コラボレーション
・国内物流センターのモデル化
・高度化
・共同化やコロードなどによる荷量確保
  と自社サービス領域拡充
(6)ロジスティクス
BCP
事業継続のための調達から販売までのSCM再構築
- リスク回避・分散の視点での、拠点/
  輸配送/物流IT/調達体制の再設計
- 有事の際のルールづくりと早期復
  旧計画策定
・現状のBCP対応レベル把握
・有事に備えたロジスティクス再設計

このテーマにご興味がある方へおすすめサービス


関連するコンテンツ




サービスメニュー

コンサルティング

物流コストダウン・効率化・拠点統廃合

物流コスト削減

在庫削減

物流コンペ実行・成功支援プログラム

物流拠点配置策定支援

物流戦略策定

物流戦略策定

グローバルSCM

物流BCP策定

物流BCP簡易診断

物流子会社支援

物流子会社診断・評価

事業戦略策定

外販強化支援

物流子会社向け人材育成プログラム

現場改善・品質向上

倉庫・作業見直し

管理・品質向上

現場改善・5Sプログラム

  現場改善・5S 自社物流(荷主・物子向け)

  現場改善・5S 業務請負(物流企業向け)

  物流倉庫5S実践(荷主・物流企業共通)

梱包支援

作業効率向上130%UPプログラム

組織(部門強化・人材育成)

組織づくり・人材育成

荷主企業向け物流部門強化プログラム

外資企業物流支援

外資系企業向け物流体制の構築支援

外資系企業向け日本国内物流体制のカイゼン支援

情報システム

物流情報システム構築・導入

ロジスティクスIT構築

シミュレーションシステム

配車シミュレーション

物流研究会・物流セミナー

物流研究会・物流セミナー

関連動画

物流セミナーレポート

3PL

物流業務受託

DM発送代行

サンプリング物流

中ロットビジネスサービス

印刷代行サービス

共同配送

共同配送

  電器製品

  一般医薬品

  化学品

  衛生材料品(おむつ・マスクなど)

共同購買

ガソリン(燃料)

梱包資材(段ボール・緩衝材・封筒)

物流関連アイテム

  ショックウォッチ(Shock Watch)

  ストアテープ、ロゴ入りテープ

オートコープクラブ

人材紹介・採用支援

人材紹介・採用支援


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け