Funai物流オープンカレッジ 2016年6月開催

funai物流オープンカレッジ6月

 Funai物流オープンカレッジ(物流マネジメント研究会)ページはコチラ


こちらのセミナーは受付終了いたしました。


とにかく、正確に滞りなく作業を行なって欲しい!

物流アウトソーシングへの期待は、商品の入荷・検品・保管・ピッキング・出荷作業など、依頼している業務を正確に行なって欲しい。
誤出荷、破損率、ピッキングミス、出荷件数、荷受、在庫差異・・・など、それぞれ達成して欲しい数値がありますよね。
もちろん、それらが守られる前提で物流企業と契約しているはず。

しかし、現実は・・・?
繁忙期に激増した荷量や出荷件数に対して、「これ以上は対応できません」や「物量が多すぎて残荷(未出荷・未縫入荷)が発生しました」と言われた経験、あるのではないでしょうか。
物流企業の言い分もあるし、こちらの言い分もある。どちらの気持ちも分からなくもない・・・。
いつもその場限りの対策で凌いできた。
“この問題どうやって解決すればいいの?!”

こんなジレンマを解決する手段が、SLAです。


SLA(サービス・レベル・アグリーメント)って何?

SLA(サービスレベルアグリーメント)とは、顧客と物流企業との間で締結する物流サービスレベルについての合意書のことです。
『物流用語辞典』 SLA( http://www.f-logi.com/yougo/sla.html

物流サービスの一つ一つの項目について、その定義を明らかにさせます。双方の齟齬をなくすことで業務開始後のトラブルを防止し、荷主と物流会社の責任範囲をはっきさせ、両社のリスクを回避する役割を果たします。

本講座では、SLAで取り決めをする項目の検討、適切な導入のステップや、相互の契約の緊張性を持続するためのポイントをお伝えします。


PDCAで、SLAが活きてくる!

月次目標や年間目標など様々な目標を立て、これらを達成するために、日々の業務へ様々な形で落とし込んでいるかと思います。月末などで当月の活動内容を振り返り、次月に向けてプランを練り直し・・・、といわゆるPDCAサイクルでマネジメントを行なっているのではないでしょうか。
また、策定したSLAが守られているのか、数値の変更は必要かどうか、などSLAも常に改善活動は必要です。

しかし、PDCAのやり方や大切さを知っていても、P(Plan・計画)D(Do・実行)はできるが、C(Check・確認)A(Action・行動)が出来ない!
結局、PDCAサイクルがまわせていない。そういったお悩みを抱えている人は少なくないのでは。

そこで、PDCAのスペシャリスト、 『これだけ!PDCA』の著者でもある船井総合研究所上席コンサルタントの川原氏にPDCAマネジメントについて解説してもらいます。



こちらのセミナーは受付終了いたしました。



講座内容

第1講座 時流講話
    ・物流業界を取り巻く最新時流

第2講座 サービスレベル・アグリーメント(SLA)
(1)SLAとは
     ・SLAの概念と果たすべき役割
                                        …など

(2)SLAの策定方法
     ・SLAにおける管理項目
     ・SLA策定のための、数値設定水準
                                        …など

(3)SLAを活用したPDCAマネジメント
     ・SLA締結後の運用手法
                                        …など

(4)物流アウトソーシングにおける荷主リスク
     ・偽装請負とならない為の留意点
                                        …など

第3講義 PDCAマネジメント    
(1)PDCAマネジメント
     ・マネジメント上、明らかにしなければならいこと
     ・計画の重要性
     ・評価の重要性
     ・改善の重要性
     ・PDCAに不可欠なKPI
                                        …など

第4講義 パネルディスカッション   
(1)パネルディスカッション
     ・本日の講義内容を中心に質疑応答


概要

・開催日:2016年6月15日(水)
・時間:10:00~16:00 (受付 9:30~)
・場所:(株)船井総合研究所 五反田オフィス
・対象:荷主企業(製造・卸・小売・通販)、3PL、情報システム企業、
       マテハン企業、物流不動産など
・受講費:28,000円(税抜き)/1名 ※昼食付き

 その他講座の詳細はコチラから

過去に開催したFunai物流オープンカレッジのレポートはこちら


会場情報

(株)船井総合研究所 五反田オフィス セミナールーム
〒141-8527 東京都品川区西五反田6-12-1
JR五反田駅西口より徒歩15分



講師紹介

川原 慎也
川原 慎也 (かわはら しんや)
株式会社 船井総合研究所 上席コンサルタント 
PDCAのスペシャリスト
「視点を変えて、行動を変える」をコンセプトに、戦略策定段階では「お客さまとの約束は何か」→「約束を果たすためにやるべき仕事は何か」を考え抜こう、計画策定段階では「計画が頓挫する可能性の対処策」を考え抜こう、実行段階では「勝たなきゃ組織一体化しない」から“勝ち”を積み重ねる階段を考え抜こう、と経験に裏打ちされた“視点”への刺激が散りばめられる。著書に『絶対に断れない営業提案』(中経出版)、『これだ け! PDCA』(すばる舎リンケージ)などがある。
赤峰 誠司
赤峰 誠司(あかみね せいじ)
船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員兼ライン統括本部長
荷主企業(メーカー・卸し(商社)・小売)における先進的なロジスティクス戦略の構築、グローバルSCMの設計及び具現化実行支援を行う。 過去に手がけた物流コストダウン成功率は100%を誇り、荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。 物流SLA(サービス・レベル・アグリーメント)の策定実績No1。 荷主企業と物流企業の関係性を重視した、現実的且つ持続性のある物流SLA策定を得意とする。



こちらのセミナーは受付終了いたしました。


Funai物流オープンカレッジ受講規約

本セミナーの受講規約はこちらからご確認下さい。

 Funai物流オープンカレッジ受講規約


お問い合わせ

船井総研ロジ株式会社
手続き、お申込み等に関するお問合せ

TEL:03-5745-0781(平日9:30~18:00)
FAX:03-5745-0782
EMAIL: college@f-logi.com



 Funai物流オープンカレッジ(物流マネジメント研究会)ページはコチラ funai物流オープンカレッジ



トップに戻る


物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け