コンサルタントの物流品質改善手法大公開 (Funai物流オープンカレッジ)

funai物流オープンカレッジ10月

 Funai物流オープンカレッジ(物流マネジメント研究会)ページはコチラ


お申込受付を終了いたしました。

物流コスト削減は次のステージ“カイゼン”へ!

funai物流オープンカレッジ10月

従来、物流コスト削減方法の主流であった物流コンペや運送会社への価格交渉(改定)では、物流コスト削減が実現出来ない時代へ突入しています。
次なる物流コスト削減の一手は、ずばり“カイゼン”です!



管理の肝(物流コスト・品質)を数値評価出来る “カイゼン”の
手法とKPI!

「“品質改善”を行なうなんて当たり前。常に取り組んでいる」という企業も多いのではないでしょうか?しかし、その効果は測定できていますか?
品質改善に取り組んだ結果、「うまく行かない」「失敗した」「現場が今のやり方を変える事に抵抗する」と思っているのが本音ではないでしょうか?
カイゼンを行なうには、カイゼンの対象範囲を設定・それぞれの数値目標(KPI)の設定・評価を行なう体制作りが必要になります。
カイゼンがうまくいかない原因や、品質改善・向上のポイント、目標設定(KPI・SLA・KGI)を解説します。 また、カイゼンがうまくいった優良企業の事例をお伝えします。


物流のプロの“カイゼン”の視点はこれ!

カイゼンの評価体制が構築できた次に取り組むべきは、物流を構成する要素を理解し、物流全体像の把握を行うことが必要になります。 全体像と機能別のコストが明確になったところで、それぞれに対してコストダウン施策を練っていく必要があります。
「輸配送」、「保管」、「作業・荷役」について、物流のプロであるコンサルタントが行なうカイゼンの手法や見るべきポイント、それぞれの事例を解説します。 また、荷主が持つべき2つの機能(多重構造の最適化、コスト基準)の詳細を解説します。


忘れてはいけない、5Sの取組み

5Sに取り組む事で、直接的・間接的に効果を得る事が出来ます。

funai物流オープンカレッジ10月

しかし、 「中途半端な状態で終わってしまう」「継続できない」「そもそも何から手をつけて良いのか分からないので止めてしまった」など、こちらもうまくいかない現場が多いのではないでしょうか。
まずはココから手をつける!という取組み手順、「5Sの効果が見えない」を払拭する評価方法や事例をお伝えします。

お申込受付を終了いたしました。


講座内容

第1講座 最新業界時流
    ・物流業界を取り巻く最新時流

第2講座 物流品質マネジメント
    (1)品質管理における主要KPIと、その管理手法
    ・アウトソーシングを失敗と感じる理由と原因
    ・品質とコストの関わり
    ・物流管理の具体的手法とその項目
    ・物流品質改善のポイント
    ・物流情報システムを活用した品質改善事例
    ・物流品質向上に必要な取組
    ・物流管理に求められるKPIとは
    ・成功企業のKPI設定事例
    ・KPI設定の失敗事例

    (2)物流“カイゼン”における、プロの視点
    ・コンサルタントの“カイゼン”視点
    ・事例から学ぶ“カイゼン”ノウハウ
    ・輸配送“カイゼン”による品質向上手法と事例
    ・保管“カイゼン”による在庫管理向上手法と事例
    ・作業、荷役“カイゼン”による品質向上手法と事例

    (3)現場改善・5S
    ・5Sプロの視点と評価事例

概要

・開催日:2016年10月19日(水)
・時間:10:00~16:00 (受付 9:30~)
・場所:(株)船井総合研究所 五反田オフィス
・対象:荷主企業(製造・卸・小売・通販)、物流子会社、3PL、情報システム企業、
         マテハン企業、物流不動産など
・受講費:28,000円(税抜き)/1名 ※昼食付き

 Funai物流オープンカレッジ(物流マネジメント研究会)ページはコチラ


会場情報

(株)船井総合研究所 五反田オフィス セミナールーム
〒141-8527 東京都品川区西五反田6-12-1
JR五反田駅西口より徒歩15分



講師紹介

赤峰 誠司
赤峰 誠司(あかみね せいじ)
船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員兼ライン統括本部長
荷主企業(メーカー・卸し(商社)・小売)における先進的なロジスティクス戦略の構築、グローバルSCMの設計及び具現化実行支援を行う。 過去に手がけた物流コストダウン成功率は100%を誇り、荷主企業物流部門の利益創造活動を信念とする。 物流SLA(サービス・レベル・アグリーメント)の策定実績No1。 荷主企業と物流企業の関係性を重視した、現実的且つ持続性のある物流SLA策定を得意とする。
渡辺 庸介
渡辺 庸介(わたなべ ようすけ)
船井総研ロジ株式会社 ライン統括部 次長
荷主企業の自社物流再構築支援プロジェクトを推進。特に物流企業との契約内容の見直し・業務の見直しなどの短期改善から拠点配置の見直しなどの中長期物流戦略立案に従事してきた。近年では荷主企業のコスト削減とサービスレベルの見直しに注力。現場改善の実践を物流担当者と一緒に活動することで社内へのノウハウ定着を図っている。
安川 洋介
安川 洋介(やすかわ ようすけ)
船井総研ロジ株式会社 ライン統括部 コンサルティンググループ
自社物流を展開している荷主企業や物流子会社の現場改善を得意とする。業務プロセスを精緻なレベルでフロー化し、問題点の抽出、過剰な物流サービスレベルの見直し、データ分析による庫内作業レイアウトの再設計などに従事してきた。物流コストダウンの切り口を定性分析(ヒアリング・現場視察)と定量分析(データ解析)の両面から行い、最適な改善手法を提案している。



お申込受付を終了いたしました。

Funai物流オープンカレッジ受講規約

本セミナーの受講規約はこちらからご確認下さい。

 Funai物流オープンカレッジ受講規約


お問い合わせ

船井総研ロジ株式会社
手続き、お申込み等に関するお問合せ

TEL:03-5745-0781(平日9:30~18:00)
FAX:03-5745-0782
EMAIL: college@f-logi.com



 Funai物流オープンカレッジ(物流マネジメント研究会)ページはコチラ funai物流オープンカレッジ



トップに戻る


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け