船井総研ロジ女性コンサルタントによる取材レポート
「物流現場で活躍する女性」

大和物流株式会社
“営業職”編

 今回は大和物流株式会社 東日本営業1部 営業グループ門川裕美様(右)と人事部 主任の有馬未来様(左)にインタビューを実施しました。
 同社は大和ハウス工業グループの物流子会社であり、住宅物流・建築・建材物流のエキスパートとして業績を伸ばしてこられた企業になります。昨今においては、建材物流だけでなく、幅広い分野の物流業務も担っております。門川様より営業職に就いたきっかけ、有馬様より同社の女性活躍の状況について伺いました。

“私の兄がお金の流れをつくっているので、私は物の流れをつくりたい!”
-物流業界に興味を持たれたきっかけはなんでしょうか

(門川様)「就職活動中に業界研究を進めていく中で、物流は社会のインフラを支えている要素が強く、多くの人が役に立っているなと感じることがありました。そういったことから、やりがいを感じることができる点に魅力を感じました。個人的には家族の影響もありました。私には兄がおり、子供のころから競い合ってきた仲です。兄は金融系の仕事に就いており、お金の流れをつくっているので、私は物の流れをつくりたいと考えるようになりました。
あとは、業界研究をする中、物流業界は女性の人が少ない中で女性登用を積極的に行っているところが見受けられ、印象に残りました。求められているのであれば、女性である私も頑張れるかなと思いました。そういった中で会社を選択するとき、女性が活躍しているか、女性の視点が求められているか、といった観点で就職活動をしていました。
当社において、物流業界は男性のイメージが強い中、女性の視点が求められているというギャップに魅力を感じ、入社を決めました。」


“苦手意識を持っていた営業職をあえて志望しました”
-入社から現在まで担当された業務について教えてください

(門川様)「入社してから2ヶ月間、現場研修を行いました。現場研修では入荷された資材を方面別に仕分けする作業を行っていました。入社前、入社後に現場研修があるとは聞いていませんでしたが、それが当たり前だと思っていましたので現場研修が嫌だなと感じることはありませんでした。」

(有馬様)「現在では、新入社員は入社後現場研修を必ず経験するのですが、私が入社したときは、女性は現場研修がありませんでした。研修で女性が現場へ行くことになったのは、門川が入社した代が初めてになります。」

(門川様)「現場研修終了後、今いる営業部へ配属となりました。もともと、営業職を志望していました。営業活動を行ううえで、初対面の人に会うことや、自分より遥かに知識がある方と商談をしなければなりませんので、自分がどんな話ができるのかといった不安はあります。しかし、苦手意識から営業職をしたいという想いもありました。人と関わりながら活動できるという存在になりたいという憧れもあり、営業職に興味を持ちました。」


“お客様に女性営業職の方を紹介していただきました”
-営業職の女性が職場で少ないことに対してどのように感じられましたか?

(門川様)「今の部署は男女比が8:3ぐらいです。女性の上司も女性の先輩もいません。在籍している女性は同期と後輩のみです。女性の先輩がいたらよかったなと思います。同性でロールモデルとなるような方がおらず、男性の営業職が大半でしたので、男性を見ながらも、“自分は自分!”と考えるようにしました。
他の業界の話を聞いても女性の営業職は少ないと聞きますので、他業界からもなかなか学ぶことはできませんでした。お客様から営業の経験話を聞いたり、お客様の社内にいる女性の営業職を紹介していただいたり、そこから女性の営業職について情報を収集しました。もっと女性の営業職が増えるといいなと思いますが、特別心細いとも感じていません。」

営業部のメンバー
門川様が所属されている営業部のメンバーの方々です


“昔は、女性イコール事務職、という風潮がありました”

(有馬様)「私が入社した頃は、“女性イコール事務職”という風潮が根強くありました。営業職に対する隔たりがなくなったのは、門川が入社した頃からです。そこから男女隔たりなく営業にも配置させましょう、ということになりました。会社の流れが変わったタイミングなのでしょう。“せっかく優秀な女性がいるならやってみてもいいじゃないか”ということです。そこから会社が徐々に大きく変わってきたと感じます。このきっかけは、もっと頑張りたい、もっと上を目指したいという方には、よいきっかけとなったと思います。しかし一方では、“何が変わるの?どうしたらいいの?”という不安の声もありました。」


“私が輸送手配をした部材がセンターに使用されて・・・”
-仕事上の成功談、嬉しかったことはなんでしょうか?

(門川様)「営業として仕事を受注できたことです。新センター建設にあたり、屋根の部材を運ぶ仕事を受注しました。既存のお取引先様で一部業務を受注しておりましたが、他の業務においても営業展開をすることができました。重量物を運ぶ仕事だったのですが危険がないよう、どこに降ろせばいいのか、注意事項や納品スケジュールを確認しながら無事に納品完了することができました。屋根工事が完了し、実際に完成されたセンターを目の当たりにし、感動しました。」


-逆に失敗談、苦労したことはなんでしょうか

(門川様)「お客様より引き合いがあり、提案書を作成する機会がありました。提案書作成にあたり現場の方に確認をするのですが、自分の中でスケジュール管理ができていなかったことから、現場の方と調整がうまくいかず、お客様へ約束の期日までに提出できなかったことがありました。“約束を守る、スケジュールを調整する”といった当たり前のことが出来ていなかったと反省しました。私の段取りが悪く、何度も現場の方へ連絡してしまうことがあったので、事前の準備は重要ですね。ただでさえ忙しい現場の方に対して、情報収集で手を煩わせることがないようにしています。」


■次ページ “物流は完成されている商品ではなく、自分で考えてアイデアを形にする”
 物流業界の醍醐味とは >>


関連するサービス

組織づくり・人材育成プロジェクト 組織づくり・人材育成
お客様各社の事情を事前に伺った上でオリジナル物流研修を設計、実施し、ロジスティクス全域を構築・管理するために適切な知識・ノウハウを保有した物流マネジメントが可能な人材を育成いたします。


物流子会社診断・評価 物流子会社支援メニュー
物流子会社の“あるべき姿”の策定、戦略策定、改善・外販などの実行支援など、物流子会社に関わる悩み・課題を包括的に解決いたします


サービス一覧はこちらから


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー




物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け