船井総研ロジ女性コンサルタントによる取材レポート
「物流現場で活躍する女性」

株式会社ハマキョウレックス

 今回は、株式会社ハマキョウレックス様にご協力いただきました。
 藤沢センター勤務の土屋亜矢子様(写真左)、奈良生美様(写真右)にインタビューを実施しました。お二人が勤務されている藤沢センターでは主に衣料品を取扱っています。
 元々物流に興味を持っていた奈良様は現場で勤務されているパート社員の指示・管理を行っています。
 物流とは異なる業界より転職をされた土屋様は主に現場とお客様のパイプ役として、日々物流面での交渉作業を行っています。
 それぞれの立場やこれまでの経験が異なるお二人に、物流に対する想いについて伺いました。

“見えないところで社会に貢献している物流に魅力を感じました”
-物流業界に興味を持たれたきっかけはなんでしょうか?

「(奈良様)学生時代に物流系のアルバイトをしていました。仕事内容は簡単な手作業でのピッキング作業でした。そのアルバイト先には、女性社員でフォークリフトに乗務して仕事をされている方がおり、その方を見て“かっこいい!”と思いました。アルバイト先はほとんどが男性社員でしたが、その中でたった1名、フォークリフトを操作していた女性社員に惹かれ、自分もその女性社員のようになりたいという想いから、物流業界を目指すことを決めました。アルバイトで物流業界を経験して興味を持ったことが理由の一つですが、物流というのは見えないところで物が動いて、見えないところで社会に貢献しているところに魅力を感じました。就職活動をするときには、物流業界一本に絞って就職先を探していましたね。」

“納品遅延や数量間違いの原因は何か知りたい”

「(土屋様)私は、前職はアパレルの販売職でした。物流のような裏方ではなく、表に出る仕事でした。販売している商品が保管されている自社の物流センターを訪問する機会があり、当時から物流センターではどのように製品が動いて、店舗へ届くのかということに興味を持っていました。店舗側からすると、なぜ納品が遅れるのか、なぜ予定通りの数量で納品されないのか・・・ちょっとした疑問から裏方の存在である物流センターでは何が起こっているのか、遅延や数量間違いの原因は何かということを知りたいと思うようになりました。そんなとき、転職をする機会があり、私の興味と前職での経験がある“アパレル”“物流”というつながりでハマキョウレックスへの入社を決めました。」


“フォークリフトに乗れて楽しい!”
-現在担当されている業務について教えてください

「(奈良様)出荷業務を行うパート社員の作業管理をしています。パート社員がピッキングリストをもとに、ピッキングし、検品、梱包、出荷の流れで業務を行いますが、その日の物量に対して、作業に遅れがないか、トラブルがないか進捗管理をしています。私が作業に入ってしまうと全体が見えづらくなってしまうので、基本的に実務は行いません。しかし、物量が増えてパート社員だけでは手に負えなくなったときには、私も作業に入ることがあります。具体的にはフォークリフトを操作して出荷作業のサポートをします。
フォークリフトを運転する奈良様 実は私は、前職でも物流の仕事をしていました。前職でアルバイト時代にフォークリフトに乗務されている女性社員がかっこよかったという話をしたところ、“じゃあ、フォークリフトの免許を取ろう”ということになり、免許を取得させてもらいました。しかし、前職ではほとんどフォークリフトに乗る機会がありませんでした。今はここで作業の応援という形ではありますが、フォークリフトに乗る機会がありますので、楽しいです!」
「(土屋様)私は現場に出て何か作業をするという仕事ではなく、事務所でお客様と現場のパイプ役を担っています。お客様から出荷量の報告を受けて現場へ渡すリストや送り状の作成、運送会社へ当日の出荷量の連絡等を行っています。お客様からの要望を現場へ伝えたり、逆に現場の要望をお客様へ伝えたりといった役割ですね。」


“パート社員から相談を受けたときは、頼られていることを実感した”
-仕事上の成功談、嬉しかったことはなんでしょうか?

「(奈良様)計画を立てた作業件数に対して、予定通りに作業が進んで、終わったときには達成感を感じますね。日々作業効率を考えながらも、常にパート社員の立場になって“どうしたらパート社員が働きやすくなるんだろう”ということを頭に置いています。入社したばかりの頃はパート社員のほうが作業知識に詳しく、年代も親世代ぐらいに年が離れているということもあり、パート社員から言われっぱなしでした。しかし、アルバイト時代に自分が現場で作業をしていた経験から、どのようにしたらこちらの想いが伝わるか、作業としてやりづらいことはないかという、作業者目線で物事を考えて、パート社員へアドバイスしたり意見を聞いたりしました。そのような日々の積み重ねのおかげなのか、つい先日パート社員から相談を受けたんです。仕事のことや家庭のことといった色々なことでしたが、頼られていることを実感しました。パート社員は女性が多く占めています。同性である私に対して相談し易かったのだと思います。」


“お客様からの依頼通りに現場へ指示をしたところ・・・大混乱”
-逆に失敗談、苦労したことはなんでしょうか?

「(土屋様)入社当時のことですが、物流現場での経験がないがゆえに現場の流れが分からず一方的にこちらの要望を現場に伝えたことで現場に負担を与えてしまったことです。例えば、現場の方であれば1日あたりの入荷量に対して、どれぐらいの量までであれば受入可能(作業可能)であるという感覚を持っています。私の場合は入荷量の数字を見ても実際どれぐらいの量で現場作業にどれぐらいの負荷がかかるのか分からず、お客様から依頼がきた数量をそのまま現場に伝えてしまい、現場を混乱させてしまいました。そのような事態を防ぐためにも、現場で作業をされている方にどれぐらいの量が適量なのか感覚を教えてもらうようにしました。また、こまめに現場の方へ事前に連絡を入れ、対応できる物量かどうか確認をしてもらうようにしました。」
倉庫内チェックをするする川上様


■次ページ 
 相手を待たせることがないよう、常に頭はフル回転させています >>


関連するサービス

組織づくり・人材育成プロジェクト 組織づくり・人材育成
お客様各社の事情を事前に伺った上でオリジナル物流研修を設計、実施し、ロジスティクス全域を構築・管理するために適切な知識・ノウハウを保有した物流マネジメントが可能な人材を育成いたします。


物流子会社診断・評価 物流子会社支援メニュー
物流子会社の“あるべき姿”の策定、戦略策定、改善・外販などの実行支援など、物流子会社に関わる悩み・課題を包括的に解決いたします


サービス一覧はこちらから


funai物流カレッジ 物流担当者のお悩み相談 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
物流用語 コファス


Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー




物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け