3PL

Third Party Logistics | さーどぱーてぃろじすてぃくす


荷主企業(ファーストパーティー)と輸送会社もしくは卸売業・小売業(セカンドパーティー)に対して第三者である利用運送を駆使し、荷主側の物流を全面的に代行する事業者を指す。

荷主の物流業務を深く分析し、その内容に最適な物流拠点、輸配送、作業等を検討し、必要な物流手段を手配し、業務を遂行する。

契約後に達成されたコスト削減効果は3PL業者と荷主に還元される契約が一般的である(荷主、サードパーティー双方でコスト削減効果=利益を分かち合うゲインシェアリング方式)。
ロジスティクスサービスを荷主に対し、その立場に立って戦略的に提供する事業者を活用することを意味する。
日本では、荷主に対して、物流改革を提案し、包括して物流業務を受託する新しいサービスとしてとらえられている。
一括元請けや一貫物流などは、3PLとは目的や性質が大きく異なる。


関連用語

物流サービス,  物流共同化

関連サービス

その他サービスはこちらから

関連コンテンツ
「継続こそ力なり」

物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
無料物流現場・5S診断 funai物流カレッジ お悩み相談所 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
継続こそ力なり 物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け