物流共同化

ぶつりゅうきょうどうか


企業一社で物流機能を備えるのではなく、複数の企業と連携して行う仕組みを指す。

配送の共同化、共同物流センター運営、情報共同化など複数の取組法がある。
取扱規模の拡大、集約化、集配のトラック台数が削減、単位当たり物流コスト削減などのメリットが存在する。



関連用語

航空貨物混載業者,  航空貨物輸送, 

関連サービス

その他サービスはこちらから

関連コンテンツ

物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
無料物流現場・5S診断 funai物流カレッジ お悩み相談所 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
継続こそ力なり 物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け