海上運送事業

「海上運送事業法」では、船舶運航事業、船舶貸渡業、海運仲立業および海運代理店業と規定している。

船舶運航事業は、海上で船舶によって人または物を運送する事業のことで、定期航路事業と不定期航路事業に分類される。さらに定期航路事業は、旅客定期事業と貨物定期事業に分けられている。船舶貸渡業は、船舶の運航委託をする事業のことをいう。海運仲立業とは、船舶による物品の運送や、船舶のか貸渡・売買、運航の委託の媒介をする事業である。海運代理店業は、船舶運航事業と船舶貸渡業との間の取引の代理をする事業である。



関連用語

国際複合一貫輸送,  CFS,  DDC,  バルクカーゴ,  バルクコンテナ

関連サービス
関連コンテンツ

物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
無料物流現場・5S診断 funai物流カレッジ お悩み相談所 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
継続こそ力なり 物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け