多頻度小口

現代の物流の大きな特徴で、物流の一連の作業を煩雑にしている。企業は不必要な在庫を極力削減しようと努力し、必要な商品をより細かく頻回に発注するようになった。このため以前に比べて発注回数は増加し(=多頻度化)、1回当たりの発注量が減少した(=小口化)。「必要なものを、必要な時に、必要なだけ」納品するよう要望される事が多くなった。これらの進展はメーカーのマーケティング戦力の高度化、小売業の業態開発によるものである。



関連用語

季節変動,  サイロ,  三温度帯,  スクラップアンドビルド方式,  整流化,  配送センター,  セットメーカー 物流サービス


関連サービス
関連コンテンツ

物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
無料物流現場・5S診断 funai物流カレッジ お悩み相談所 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
継続こそ力なり 物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け