定期発注方式

決められた一定の期間内で必要な発注量を算出し、定期的に発注を行う方式をいう。

具体的には、発注期間とリードタイムを合わせた期間内の需要予測量及び安全在庫量の総量から在庫残量を差し引くことで算出ができる。その算出は煩雑である一方、需要変動に対応し予測精度を高めることができれば、在庫量削減さらには物流コスト削減に効果が期待できる。高価で需要変動幅が大きく、在庫維持費用がかかる品物の発注に適している。



関連用語

ECR,  SCM,  サービスレベル,  SLA,  発注点管理,  発注点,  不活性在庫


関連サービス
関連コンテンツ

物流コスト削減 物流戦略策定 グローバル物流戦略 物流コンペ実行・成功支援 物流子会社診断・戦略構築
無料物流現場・5S診断 funai物流カレッジ お悩み相談所 資料請求
旬のテーマを掘り下げるロジスティクス・インサイト
継続こそ力なり 物流用語 コファス

Pマーク

個人情報保護方針

個人情報の利用目的の公表について

ソーシャルメディアポリシー



物流に役立つ無料メールマガジン
物流情報を無料でダウンロード資料でお届け