Title Background Image Title Background Image
勉強会・セミナー

2020年6月15日-6月26日 オンライン 自社主催:募集終了

<無料>【オンラインセミナー】新・物流改善セミナー~上手くいかない理由はここにある~

新・物流改善セミナー~上手くいかない理由はここにある~ 無料 オンライン

withコロナの時代を迎え、急速な企業の方向転換が迫られています。
新型コロナウィルスの影響を受ける前の状態に戻ることは困難なことであり、今後はwithコロナに対応する施策(=新常態)を展開していく必要があります。

そこで今回は、今後の方向性に悩む企業の方針決定の一助となるべく、物流・ロジスティクスのプロの視点を、テーマ別に凝縮してお伝えする全講座「無料」のオンラインセミナーを開催します。

講座は全部で10テーマ

テーマ(1) 物流コスト 知らないと損をする物流コストのウソ・ホント
テーマ(2) 物流戦略 物流戦略のつくり方
テーマ(3) 物流コンペ 誰も教えてくれない物流コンペの常識
テーマ(4) 3PL評価 成功する3PL企業の条件
テーマ(5) 物流センター収支改善 物流センター収支改善の方程式
テーマ(6) 物流自動化 マテハン導入の成功メソッド
テーマ(7) 在庫管理 欠品、過剰在庫による利益ロスを防ぐ適正在庫算出と製販調整
テーマ(8) 庫内改善バッファ 見落としがちな現場改善の余白
テーマ(9) 配送コース できる配車マンが密かにやっている「配送コース見直し」の技術
テーマ(10) 物流コンプライアンス 知っているようで知らない物流コンプライアンス入門

お一人様何講座でもご受講いただけますので、興味のある1テーマだけでも、10テーマ全てもご受講いただけます。

※各テーマ、同一内容の講座を2日程開催いたします。両日とも同じ内容となりますため、ご都合の良い日程へご参加ください。
(同一テーマのすべての日程へご参加いただく必要はありません)

開催概要

日程 2020年6月15日(月)~6月19日(金)
2020年6月22日(月)~6月26日(金)
時間 16時00分~16時45分、あるいは、18時00分~18時45分
開催方法 オンライン
※「ZOOM」を使用します
※詳細は受講者様へご案内致します
受講費 無料
対象 荷主企業、物流子会社、物流企業、3PL企業
※同業(コンサルティング業)の方からのお申込みはお断りさせていただきます。

お申込み締切り:各講座の前営業日17時

講座内容

テーマ(1) 物流コスト
知らないと損をする物流コストのウソ・ホント

〔講師〕田代 三紀子

講座内容

・いまさら聞けない物流コスト構造
・知っておきたいコスト妥当性の判断軸
・物流コスト高騰の本当の要因

<開催日>
(1)6/15(月)16:00-16:45
(2)6/22(月)18:00-18:45

テーマ(2) 物流戦略
物流戦略のつくり方

〔講師〕西村 和洋

講座内容

・物流戦略は企業の行く末を左右する
・知っていますか?物流戦略立案に必要な社内体制
・物流戦略のカギを握るインプリメンテーションのポイント

<開催日>
(1)6/15(月)18:00~18:45
(2)6/22(月)16:00~16:45

テーマ(3) 物流コンペ
誰も教えてくれない物流コンペの常識

〔講師〕西村 和洋

講座内容

・「Sourcing(ソーシング)」の本来の目的
・委託リスクの整理術
・物流コンペの事前準備していますか?

<開催日>
(1)6/16(火)16:00-16:45
(2)6/23(火)18:00-18:45

テーマ(4) 3PL評価
成功する3PL企業の条件

〔講師〕田代 三紀子

講座内容

・船井総研ロジだけが知っている本当の3PL力
・知っているようで意外と知らない自社の強み
・成功の条件「差別化戦略」とは?

<開催日>
(1)6/16(火)18:00-18:45
(2)6/23(火)16:00-16:45

テーマ(5) 物流センター収支改善
物流センター収支改善の方程式

〔講師〕渡邉 庸介

講座内容

・withコロナの物流センター
・生産性が高いセンター、低いセンターの見分け方
・物流センター収支改善の成功条件

<開催日>
(1)6/17(水)16:00-16:45
(2)6/24(水)18:00-18:45

テーマ(6) 物流自動化
マテハン導入の成功メソッド

〔講師〕安川 洋介

講座内容

・なぜマテハン導入に取り組むのか
・マテハン導入で絶対にやってはいけないこと
・マテハン導入に失敗しないためには

<開催日>
(1)6/17(水)18:00-18:45
(2)6/24(水)16:00-16:45

テーマ(7) 在庫管理
欠品、過剰在庫による利益ロスを防ぐ適正在庫算出と製販調整

〔講師〕中野 好純

講座内容

・コロナ禍で多発した欠品と過剰在庫
・需要予測に基づく適正在庫算出の原理原則
・需要の変化を掴んで、在庫コントロールを的確に
・製販調整を柔軟に行う会議体
・これだけ!適正在庫維持のためのKPIとは?

<開催日>
(1)6/18(木)16:00-16:45
(2)6/25(木)18:00-18:45

テーマ(8) 庫内改善バッファ
見落としがちな現場改善の余白

〔講師〕萩下 元貴

講座内容

・現場改善の第一歩
・ベテランだけが知っている現場改善のコツ
・本気で取り組む現場改善

<開催日>
(1)6/18(木)18:00-18:45
(2)6/25(木)16:00-16:45

テーマ(9) 配送コース
できる配車マンが密かにやっている「配送コース見直し」の技術

〔講師〕鈴木 敦大

講座内容

・withコロナのいま、配送コースを見直す意味
・これだけはやってはいけない配車の組み立て方
・これだけは押さえておきたい配車の決め手3原則
・改善の決め手は日々の〇〇にある

<開催日>
(1)6/19(金)16:00-16:45
(2)6/26(金)18:00-18:45

テーマ(10) 物流コンプライアンス
知っているようで知らない物流コンプライアンス入門

〔講師〕普勝 知宏

講座内容

・いまさら聞けない物流コンプライアンス
・なぜコンプライアンスを順守しなければいけないのか
・コンプライアンス違反が経営に及ぼすリスク

<開催日>
(1)6/19(金)18:00-18:45
(2)6/26(金)16:00-16:45

 

※ご案内※
各テーマ、いずれも日程と時間を変更して、2日程開催いたします。
両日とも同一の内容となりますため、ご都合の良い日程へご参加ください。
(同一テーマのすべての日程へご参加いただく必要はありません)

お申込み締切り:各講座の前営業日17時

講師紹介

渡邉 庸介

船井総研ロジ株式会社
ロジスティクスコンサルティング部 部長
渡辺 庸介

荷主企業の自社物流再構築支援プロジェクトを推進。特に物流企業との契約内容の見直し・業務の見直しなどの短期改善から拠点配置の見直しなどの中長期物流戦略立案に従事してきた。近年では荷主企業のコスト削減とサービスレベルの見直しに注力。現場改善の実践を物流担当者と一緒に活動することで社内へのノウハウ定着を図っている。​​

船井総研ロジ株式会社
ライン統括本部 グローバルSCM室 室長
中野 好純

P&Gにて、ロジスティクス拠点戦略や、M&A企業へのS&OP体制構築、新商品の市場投入などサプライチェーン関連のプロジェクトを歴任。
株式会社船井総合研究所(現・船井総研ホールディングス)へ転職し、サプライチェーン関連プロジェクト、海外事業戦略策定プロジェクトを多数牽引。その後、船井(上海)商务信息有限公司を創業。日系企業の中国市場進出コンサルティングや、中国企業むけコンサルティングの基盤を作る。
中国事業のローカライズにあわせて、船井総研ロジへ転籍。グローバルサプライチェーン戦略策定、S&OP体制構築、在庫削減などを主テーマにコンサルティングを行っている。​​

西村 和洋

船井総研ロジ株式会社
ロジスティクスコンサルティング部 副部長
西村 和洋

製造業、小売チェーン店、通販企業などの荷主企業の物流改善(委託先企業選定、物流業務設計)、コストダウン、物流拠点戦略の策定などに従事し、特に、IT(情報システムの戦略、設計、構築など)を得意とする。ロジスティクスのコストダウンと品質アップの実現を、物流フロー改善・業務改善・情報システム改善等の多方面の視点から提案している。​​

田代 三紀子

船井総研ロジ株式会社
ロジスティクスコンサルティング部 グループマネージャー
田代 三紀子

製造業・小売業を中心とした荷主企業に対して、物流の改善提案を行い物流拠点の見直し、コスト削減策の提案を実施し、物流子会社に対しては存在価値、あるべき姿の策定、他社との競争力評価を行っている。得意なカテゴリーは、生活産業・アパレル・日用雑貨など。また、物流をテーマにした数少ない女性コンサルタントとして、物流業界における女性の活躍推進に着目した現場(職場)改善、人材育成、人材採用にも取り組んでいる。​​

安川 洋介

船井総研ロジ株式会社
ロジスティクスコンサルティング部 チームリーダー
安川 洋介

業務プロセスを精緻なレベルでフロー化し、問題点の抽出、過剰な物流サービスレベルの見直し、データ分析による庫内作業レイアウトの再設計などに従事してきた。物流コストダウンの切り口を定性分析(ヒアリング・現場視察)と定量分析(データ解析)の両面から行い、最適な改善手法を提案している。
また、荷主企業が判断しづらい個建荷役単価・個建保管単価の妥当性を定量分析・現場調査を行い解明し、物流企業からの値上げ抑制に必要な理論武装をするためにノウハウを享受してきた。​​

普勝 知宏

船井総研ロジ株式会社
ロジスティクスコンサルティング部 チームリーダー
普勝 知宏

製造業や通販企業などの荷主企業に対し物流の改善提案を行い、物流拠点の見直しや物流業務委託先の再選定(物流コンペ)を進めてきた。物流業務委託先選定ではRFPの作成支援・コンペ事務局などを実行し、定量・定性両面での物流会社評価を行う。現在は物流現場の作業生産性向上や5Sの導入による倉庫管理の改善に注力しており、各社の物流現場に合わせた改善手法の提供を行っている。​​

鈴木 敦大

船井総研ロジ株式会社
ロジスティクスコンサルティング部 チームリーダー
鈴木 敦大

グローバル企業(自動車メーカー)の輸配送効率化プロジェクト、航空宇宙産業のグローバルBIDのRFP作成、大手産業資材メーカー物流子会社の現状分析&評価、食品素材メーカーの拠点移管業務などに携わる。大手食品会社の物流子会社での経験を活かし、物流における輸配送コストに特化したコスト削減提案、支援を実施している。​​

萩下 元基

船井総研ロジ株式会社
ソリューションコンサルティング部
萩下 元貴

前職では物流請負企業にて現場管理者を3年経験する。その中で「自社だけでなく、幅広く物流現場の改善を手掛けたい」と一念発起し、船井総研ロジへ入社。
入社後は前職の経験を活かし、物流現場改善・現場レイアウト設計のコンサルティングに従事し、お客様から厚い信頼を得ている。
現在は、荷主企業・物流子会社が自社で改善のPDCAを回せるよう、物流現場管理者育成の支援も注力している。​​

お申込み締切り:各講座の前営業日17時

無料相談や各種お問合せ、メールマガジンの配信を
ご希望の方は
フォームにてご連絡ください