今取り組むべき「物流マネジメント」 ~荷主企業に必要なマネジメント手法~ (2021年9月Funai物流オープンカレッジ)

2021年9月15日(水)-9月29日(水)オンライン 自社主催:募集中

今取り組むべき「物流マネジメント」 ~荷主企業に必要なマネジメント手法~ (2021年9月Funai物流オープンカレッジ)

荷主企業の“物流マネジメント”とはどのようなことが考えられるでしょうか。

「値上げ対策」 「コスト適正化」 「物流サービスの向上」 「リスク回避」 「委託先評価」などが想定されますが、具体的にどのようにマネジメントを進めたらよいのでしょうか。

荷主企業の物流を強化し持続可能な体制にするために必要な物流マネジメント、管理手法についてお伝えします。

2021年下期に物流部がやるべき事

2021年下期に物流部がやるべき事

荷主企業にとって最も気になる動向はやはり、「物流コストの値上げ」問題です。

2021年下期における値上げの可能性、値上げ対策の秘訣について、物流業界における情報発信者である赤峰 誠司がお伝えします。

荷主企業に求められる物流マネジメント

荷主企業に求められる物流マネジメント

安定的に商品供給を継続するため、コストアップ、物流に関するトラブルを防ぐためなど物流管理をしっかり行う必要があります。

戦略から、輸配送、在庫まで、荷主企業が管理すべき物流項目のチェックリストをお見せしながら分かりやすく説明いたします。

アフターコロナではドライバー不足が再発し、物を運ぶことが厳しくなることが予測されます。

その中で、“選ばれる荷主”になるために必要な物流マネジメント、物流企業との取引形態について解説します

物流コンプライアンスと2024年以降のドライバー総残業規制法令

物流コンプライアンスと2024年以降のドライバー総残業規制法令

物流業界で“2024年問題”が話題になっています。

“2024年問題”における物流業界への影響はどのようなことがあるのでしょうか。

物流に関するコンプライアンスを理解し、2024年ドライバー残業規制問題の対策として、荷主企業・物流企業各々が取り組むべきことを事例を交えながら解説いたします。

当講座を受講者された方限定の資料
物流コスト値上げリスク・チェックリストを差し上げます。

開催概要

受講期間 2021年9月15日(水)-9月29日(水)
受講費 35,000円(税込 38,500円)/人
対象:物流経験 初級、中級
対象:業種 荷主企業(製造・卸・小売・通販)、物流子会社、3PL、 情報システム企業、マテハン企業、物流不動産など
※同業他社様(コンサルティング業)の受講はできかねます
受講方法 「動画視聴」
・受講期間内に、録画した動画をオンライン(box)で視聴して受講いただく方法です。
・受講期間内に、ご自身のご都合の良いタイミングで動画を視聴いただくことが出来ます。動画は何度もでもご覧いただけます。

動画の時間
・1講座あたり、30分程の動画2本(計60分)となります。
・全講座(4講座)の視聴には、およそ4時間程となります。

その他
・受講期間になりましたら、入金が確認できた受講者様へ、テキスト(PDF)と視聴用URLをご案内致します。
・インターネットへアクセスできる、パソコン、スマートフォン、タブレットでしたらいずれの端末でもご覧いただくことができます。

お申込み締切り:2021年9月9日(水)17時

講座内容

第一講座 2021年下期に物流部がやるべきこと
船井総研ロジ株式会社 取締役常務執行役員 赤峰 誠司

講座内容

・付帯作業と自主荷役の把握
・待機時間の考え方について
・料金値上げの可能性チェックリスト
・値上げ対策の秘訣

第二講座 荷主に求められる物流管理手法
船井総研ロジ株式会社 取締役常務執行役員 赤峰 誠司

講座内容

・物流管理チェック
・物流マネジメント最適手法
・最適な物流コスト水準

第三講座 物流会社との最適取引形態
船井総研ロジ株式会社 ロジスティクスコンサルティング部 グループマネージャー 田代 三紀子

講座内容

・物流サービルレベルの重要性
・これからの物流会社との取引形態
・競争優位な物流体制の構築
・情報の可視化と物流管理

第四講座 物流コンプライアンス
船井総研ロジ株式会社 ロジスティクスコンサルティング部 グループマネージャー 田代 三紀子

講座内容

・荷主が注意すべき物流コンプライアンス
・物流会社が注意すべきコンプライアンス
・2024年ドライバー総残業規制法令の影響を考察する

お申込み締切り:2021年9月9日(水)17時

講師紹介

赤峰 誠司

船井総研ロジ株式会社 
取締役常務執行役員
赤峰 誠司

製造業・卸売・小売等、サプライチェーン全域に渡るロジスティックス戦略コンサルタント。荷主企業の物流戦略策定を得意とし、サプライチェーン全域における最適化を実行する。業界における時流発信者でもある。これまでご支援した物流コスト削減プロジェクトにおいては、成功率100%を誇る。
AI・ロボティクス・ブロックチェーンをキーワードとした最新スマート・ロジスティックスの開発、研究を行っている。​​​​​​​​

田代 三紀子

船井総研ロジ株式会社
ロジスティクスコンサルティング部 グループマネージャー
田代 三紀子

製造業・小売業を中心とした荷主企業に対して、物流の改善提案を行い物流拠点の見直し、コスト削減策の提案を実施し、物流子会社に対しては存在価値、あるべき姿の策定、他社との競争力評価を行っている。得意なカテゴリーは、生活産業・アパレル・日用雑貨など。また、物流をテーマにした数少ない女性コンサルタントとして、物流業界における女性の活躍推進に着目した現場(職場)改善、人材育成、人材採用にも取り組んでいる。​​​​​​

お申込み締切り:2021年9月9日(水)17時

無料相談や各種お問合せ、メールマガジンの配信を
ご希望の方は
フォームにてご連絡ください