Title Background Image Title Background Image

サービス/物流子会社診断・評価

物流子会社の「リアル物流力」の診断・評価を行います。

物流子会社の「リアル物流力」の診断・評価物流子会社の「リアル物流力」の診断・評価

当社は上場・非上場企業を問わず過去数十社に亘る物流子会社に対して、事業デューデリジェンス・戦略策定・組織改革・業務改善を支援してきた実績を活かし、「競争力と営業力」「オペレーション力」「オリジナリティ」「SWOT総合評価」の4つの評価軸に基づく、物流子会社の「リアル物流力」を診断・評価を行っています。

  • お客様が物流子会社に支払っている委託費用は、市場価格に合致していますか?
  • 委託業務についてブラックボックス化していませんか?業務非効率を見逃していませんか?
  • 子会社がグループ会社にどう貢献するか、ポジショニングが明確ですか?

こうした問いに明確な回答が用意されない企業様には当社の『リアル物流力』診断をお薦めします。

物流子会社の成長段階

現場でよくみられる課題

日本では、「物流子会社」を保有している製造業・卸売業・小売業が数多く存在し、その数は約700社ほどと言われています。
こうした物流子会社は、親会社のサービス・商材特性にあわせた安定的物流サービス提供という役割を担い、グループの規模拡大とともに成長してきました。

しかしながら、親会社グループを超えた外部顧客からの収益基盤は小さく、機能子会社としてコストセンターと位置づけられるケースが多く見受けられます。

物流子会社のステップアップフロー

  • STEP 01

    物流機能会社設立(物流子会社)

    • 保管業務
    • 荷役業務
    • 輸配送
    • 構内荷役
    • 梱包
  • STEP 02

    物流機能拡大

    • 受注業務
    • 流通加工
    • 国際物流
    • 製品加工
    • 資材管理
  • STEP 03

    改善貢献
    グループ貢献

    • コスト削減
    • 品質向上
    • グループ物流取扱
  • STEP 04

    外販獲得

    • 売上成長
    • 利益獲得
    • シナジー
    • コスト削減
  • STEP 05

    株式上場自立経営

    • 売上成長
    • 利益獲得
    • シナジー
    • コスト削減
    • 自立経営

物流子会社に見受けられる課題

機能子会社は業務内製化を通じた自社グループへのノウハウ蓄積やキャッシュの外部流出低減、外部収益機会の獲得などを目的に設置されます。
一方、実態としては次のような経営上・業務運営上の課題が頻繁に見受けられます。

物流子会社設立の狙い

  • プロフィット獲得

    外部顧客による新たな収益

  • コストダウン追求

    ローコストオペレーション徹底

  • 管理面

    勤務や給与体系の別管理

  • ノウハウ蓄積

    親会社物流特化・品質保持

顕在化する主な課題

  • 市場価格とのギャップ

    非効率な構造・業務が看護されるおそれ

  • コストダウン活動の甘さ

    ベースカーゴ依存によって改善意欲が働きがたい

  • ガバナンス

    余剰人員受け皿モチベーション低下

  • 新たな技術開発に消極的

    イノベーションが起こりにくい安定環境

『リアル物流力』診断のススメ

物流子会社の位置づけによって、優先されるミッションは異なります。

位置づけ 優先ミッション
機能会社 ローコストオペレーション
外部収益を通じた成長 外販収益の獲得

単に「不採算でない」(収益性は悪くない)という理由だけで コア事業以外を保有し続けることは、グループ資源の最適投入という視点からは、企業経営に貢献しません。

  • お客様が物流子会社に支払っている委託費用は、市場価格に合致していますか?
  • 委託業務についてブラックボックス化していませんか?業務非効率を見逃していませんか?
  • 子会社がグループ会社にどう貢献するか、ポジショニングが明確ですか?

こうした問いに明確な回答が用意されない企業様には当社の『リアル物流力』診断をお薦めします。
物流戦略・グループにおける子会社運営の方針決定にご活用ください。

無料相談や各種お問合せ、メールマガジンの配信を
ご希望の方は
フォームにてご連絡ください