Title Background Image Title Background Image
事例

インターネット通販(ネイル用品の小売・流通)

物量波動に応じた臨機応変な発送体制の構築で、物流波動によるリスク回避と 物流コスト削減に成功

  • 会社概要

    事業内容
    インターネット通販
    ネイル用品の小売・流通
    商品
    ネイル、ネイル用品
    月間出荷件数
    約4,000件
    取り扱いアイテム
    150~200
    地域
    大阪
  • お問合せから立上げまでの概要

    支援決定から立上げまでの期間
    約3ヶ月
    費用
    初期費用 20万円(システム投資なし、移転費用のみ)

抱えていた課題

①自社物流では人件費及び賃料が固定費となり、閑散期は物流コストが割高になっていました。また、出荷量がオーバーフローした際のフォロー対応に費用と手間もかかっていました。

②類似商品もあるため、商品知識のないスタッフのピッキングに不安がありました。

③自社発送業務から物流をアウトソーシングすることにより、自社の物流部門のスタッフの仕事がなくなること。

④物流をアウトソーシングすることで、社外支払いの物流コストが高くなるのではないだろうか。

船井総研ロジからの提案内容

①物量波動に応じた発送業務を構築(人及び保管スペースなど)していただきました。

②出荷作業の標準化を図り、商品知識がなくても出荷ができるようマニュアル化していただきました。

③人員の受入れが可能な物流事業者を選定いただきました。

④適正なコストで必要なサービスレベルについて目標を設定いただきました。

委託することによっての結果・変わったこと

①固定化していた物流コスト(約200万/月)が課題となっていましたが、1受注あたりの作業費用を変動費化(適正化)できました。また、売り上げが少ないときでも出荷に伴う経費等が気にならなくなり、売り上げが下がったときのリスクが減りました。

②出荷作業をマニュアル化したことにより、商品知識の無いスタッフでもピッキングできるようになりました。

③人員の受け入れが可能なアウトソーシング先を選定したことにより、同意した既存の自社物流スタッフも含めて物流業務をアウトソーシングできたため、人員に関して労働問題が発生せずにスムーズに進めることができました。

④固定化していた物流コストがなくなり、物流トータルコストが自社物流の時と比べて下がりました。

無料相談や各種お問合せ、メールマガジンの配信を
ご希望の方は
フォームにてご連絡ください