Title Background Image Title Background Image
大王運輸株式会社
事例・お客様の声一覧

大王運輸株式会社

2021.10.05

これまでわからなかった会社の実情がわかる! それぞれのドライバーの癖を把握し細やかな指導で安全対策を徹底!

インタビュー動画

大王運輸株式会社 代表取締役 天白 拓治 氏

ロジレコを導入する前の安全体制とその課題

これまでにあったツールは、少しの振動でそれを全部記憶してしまったり、あまりこちら側が求めているようなものではなかったです。事故があった後に履歴を追うというような使い方は良かったのですが、前もって安全運転のために活用するツールとして使っていたということはなかったです。
ロジレコはソフト面で、事前の安全対策に活用できるようなことに関連した良いものが出てくるんじゃないかなと期待して導入しました。

ロジレコを知った時の印象

他の商品でロジレコのようなものがあるのは知ってましたが、ロジレコのデモを見たとき、他の商品より良いと感じました。機能面のところで期待を感じ、今後の安全運転のために投資しようという考えで導入しました。導入してみて期待通り動いていると思います。

ロジレコを活用した安全体制

ロジレコの導入当時はショッキングでしたね。ロジレコはドライバーの顔も映るようになっており、運転しながらカップラーメンを食べているドライバーがいました。それを知ったときはさすがに温厚な私もドライバーを叱りました。

衝撃があったとか車間距離が近いとかの内容が常にメールで送られてきて、それらがわかるのはもちろんですが、ドライバーを映すカメラによってドライバーごとの一定の癖を知ることができました。
例えばドライバーごとに、必ず特定の場所で車間距離をつめたり、いつも同じ場所で衝撃があったというサインが送られてきたり、タバコを吸っている時に車間距離をつめたり、おにぎりを食べながら運転しているときに車間距離をつめたりなどがありました。ロジレコによってそのような個別の癖がよくわかり、それぞれのドライバーに合わせてピンポイントで指導ができるようになりました。そのようなところは期待通りでした。

ロジレコ導入の効果と社内での変化

これまで、弊社はよくこの事故件数ですんでいたなと思ったのが正直なところです。事故が一件あったとしたら、その何倍ものヒヤリハットがあるわけです。ロジレコを導入して、自社の実情、トラックに同乗しないとわからないようなことを知ることができ、これまではたまたま事故が少なかっただけなんだということが本当によくわかりました。

ドライバーによって気をつけなければならない個別の癖もわかり、それぞれに合わせて注意していかなければならないのですが、やはりドライバーのみんなに言えるような注意すべきこともあります。これだけは気をつけなければならないということを、安全会議などでみんなにアナウンスしていかなければならないなと思いました。

導入して約一年ですが、一年間見てるとやはりいろいろなことがわかってきました。

今度の活用方法とロジレコに期待するところ

ドライバーの管理、車の管理、顧客管理、運行のことやドラレコの管理など、様々なことをクラウド上でまとめ、その情報を会社側につないでくれるようなシステムがあれば良いなと思います。そしてそれらの情報を元に、様々な帳票を作成してくれるようなことを期待しています。そのようになれば日報も自動で作成できて、管理もしやすくなるし、事務作業を大幅に削減できます。そのような仕組みを作っていただきたいです。

安全対策にも力を発揮し、請求書の作成などの顧客管理までしてくれるようなシステムを期待しています。

大王運輸株式会社 天白 拓治

大王運輸株式会社

本社所在地
三重県多気郡明和町斎宮1854-6
創立
昭和30年
代表取締役
天白 拓治
従業員数
大王運輸/80名、マテハンスタッフ/80名
車輌台数
冷凍車:10t(6台)・8t(2台)・4t(18台)・3t(7台)・2t(19台)、軽(7台)
企業紹介
三重県多気郡に本社を構える、大王運輸。創業以来、受発注業務から、流通加工、仕分けピッキング、輸送まで幅広いトータル物流サービスを展開している。「三方よし」の精神で全体最適を実現している。
コーポレートサイト
https://dyoh.co.jp/

お問合せ

無料相談や各種お問合せ、
メールマガジンの配信を
ご希望の方は
フォームにてご連絡ください