Title Background Image Title Background Image
ケイ・エム運輸有限会社
事例・お客様の声一覧

ケイ・エム運輸有限会社

2020.10.09

AIドラレコを徹底活用し社内の意識改革に成功!

AIドラレコで教育体制の整備を

ロジスティクスプロバイダー経営研究会で、AIドラレコの存在を知ったのがきっかけです。
これまでドライバーの教育はほとんど外部の研修に頼っており、社内での取り組みも月1回の安全ミーティング+デジタコの運転診断が主で、断続的に起こる事故に対し、有効な手段を見つけられずにいました。
そんな時に、研究会でAIドラレコの情報を知り、またその技術や効果に大変驚きました。
「この技術を活用すれば、事故の削減だけでなく教育体制まで整えられる。」そんな確信を得ることができ、実際に導入を決意しました。

ドライバーの運転を見える化

AIドラレコを導入してすぐに、自社ドライバーの運転の現状が良く分かりました。今まではデジタコの運転診断でしかドライバーの腕の良し/悪しを判断できておらず、その評価も非常にあいまいで、実態を把握できていませんでした。

しかしAIドラレコを活用することで、「デジタコではとらえられなかった」ドライバーの癖や危険習慣を発見、個々人に合わせた具体的な指導をすることが可能になり、管理者もAIドラレコが検知した危険シーンとその動画を活用することで、ドライバーへの指導が非常にしやすくなったのです。

AIドラレコを導入して以降、明らかにドライバーの運転の質・指導の質共に改善していくのが実感できました。

運転行動の劇的な改善を実現!ドライバーの意識改革も

AIドラレコの効果で、ドライバーの意識も大きく変わりました。スマホですぐに自身の結果を確認できるのも、この意識改革を加速させたように思います。
その証拠に、危険シーンを検出されてしまったドライバーが帰庫点呼の際、自主的な報告をしてくれるようになりました。
もちろん、危険シーンを検出されないことが最も理想的ではあるのですが、ドライバー自身が反省し改善をする姿勢が身についたことだけでも、大きな成果だと感じます。

また、安全だけでなくデジタコの点数にも非常に良い影響が出ており、燃費の向上にも寄与しています。

月1回の安全ミーティングも、AIドラレコの映像を活用することで、より当事者意識を持てる内容に進化しました。「ドライバーの安全教育」に対する管理者の意識も向上し、現在では自社での教育マニュアルの整備まで進めることができています。

このAIドラレコの技術は、「事故ゼロ」を最短距離で実現する唯一無二のものであると実感しています。
今後もより一層の活用を図り、ゆくゆくは人事評価制度にも取り入れていきたいですね。

事故ゼロ実現・安全教育体制構築
AI付きドライブレコーダー 『ロジレコ』

ケイ・エム運輸有限会社

本社所在地
兵庫県宝塚市亀井町11−33
設立
1971年1月
代表取締役
中尾篤志
従業員数
40人
車輌台数
28台
企業紹介
兵庫県宝塚市に本社をかまえる物流会社 ケイ・エム運輸。食品輸送を中心に常温~冷蔵まで幅広い温度帯をカバーする。車両は4t、3tの他、軽自動車も保有。スーパーでの買い物客に向けた宅配サービスも手掛けており、宝塚を中心に地域密着で事業を展開している。
コーポレートサイト
http://www.km-transport.com/

無料相談や各種お問合せ、メールマガジンの配信を
ご希望の方は
フォームにてご連絡ください