Title Background Image Title Background Image
山岸運送株式会社
事例・お客様の声一覧

山岸運送株式会社

2021.07.14

最新AIの力!安全対策システムの導入で運送会社はさらに成長できる AIロジレコーダー導入事例(1)

インタビュー 山岸運送株式会社 常務取締役 山岸龍大 氏

≫ロジレコについて知りたい方はコチラ

ロジレコを導入する前の安全体制とその課題

従来のドライブレコーダーでは、SDカードから動画を取り出して、それを見にいかなければならないという作業がありました。現場単位で管理者はそのようにやっていたのですが、手間がかかってしまい、日々の業務の中で経営層や幹部層がなかなかその動画を確認できておりませんでした。

そのような中で、船井総研ロジの「AIロジレコーダー(ロジレコ)」を拝見させてもらったときに「これだったら使えるんじゃないか!」と思い導入しました。

現在は、ロジレコを社内の事故防止対策、ドライバーさんの安全対策として活用しております。弊社は、様々なメーカーさん、小売店さん、卸しさんの物流事業をメインにしており、ロジレコの導入でさらなる品質アップを目指しております。

ロジレコを知った時の印象

「こんなものがついに出たのか!」という印象でした。AIという言葉はよく聞きますが、それが実際に運送業で使われるというシステムに驚きました。

自動配車のAIは、これまでも話は聞いておりましたが、どうしても精度の部分で厳しいところがあるようでした。配車というのは、パズルのようなものを様々なことを考慮し臨機応変に考え、完璧に組み合わせていかなければならなく、なかなかAIでは判断が難しい部分もあるのではないかと思います。

この「AIロジレコーダー」は、安全対策に特化しており、予防検知という部分での精度に信頼感がありました。AIのそのような使い方はぜんぜん考えたことがなく、安全対策に特化してAIを取り入れているというところがおもしろいなと思い、弊社でも利用してみようと思ったのが経緯です。

≫ロジレコについて知りたい方はコチラ

ロジレコ導入の効果と社内での変化

一日の業務が始まり、ドライバーさんが外に出てしまったら、なかなかその日の状況が見えないというところがどうしてもあったのですが、それが見えるようになりました。

実際にそんなことはしてないだろうと思っていたのですが… 例えばスマートフォンをいじっている、脇見をしている、一時停止をしていない、そういうものが見える化して、会社の現実が見えたというところも大きいと思います。

現在、弊社ではロジレコを全車には導入しておらず、デジタコの点数が低いようなドライバーさんや、新入社員、あとは事故を起こしたドライバーさんなどに、優先的にロジレコをつけて指導していくという使い方をしてます。

今まで事故を起こしたドライバーへの教育の手段というものがなかなかなかったので、今回このロジレコを導入して、そういうドライバーさんへの指導の手段ができたというのはすごくメリットだと感じております。

今度の活用方法とロジレコに期待するところ

ロジレコを完璧に使えているかというと、まだ使えてないのかなというような思いもあり、今ある機能をもっとフルに社内で使っていくというようなことを今後はしていきたいと思っております。

ロジレコに新しく期待することとしては、今、動画の録画機能などで制限がありますが、欲しい情報・欲しい動画が、欲しいときに出るような機能が追加されれば嬉しいなと思います。

山岸運送

山岸運送株式会社

本社所在地
静岡県島田市大柳266
創立
昭和48年3月
代表取締役
山岸 一弥
従業員数
132名
車輌台数
172台
倉庫拠点
・大柳物流センター 静岡県島田市大柳302-15
・中河倉庫 静岡県島田市中河324-1
・川尻倉庫 静岡県榛原郡吉田町川尻836-3
・川尻第ニ倉庫 静岡県榛原郡吉田町川尻992
・大井川倉庫 静岡県焼津市飯淵1124−1
・吉田物流センター 静岡県榛原郡吉田町川尻1818-8
・YMワークス(自動車整備工場) 静岡県島田市大柳266番地
・焼津物流センター 静岡県焼津市大島新田647-1
・静岡県共同配送センター 静岡県焼津市下小杉1044-2
企業紹介
静岡県島田市に本社を構える物流会社 山岸運送。共同配送・積み合わせ配送や倉庫保管・荷役までお客様の幅広いニーズに対応するトータル物流事業を静岡県から日本全国へ展開している。
コーポレートサイト
https://www.yamagishi-group.co.jp/
 

無料相談や各種お問合せ、メールマガジンの配信を
ご希望の方は
フォームにてご連絡ください