Title Background Image Title Background Image

サービス/在庫在庫削減

今後求められる物流戦略は、「大量から適量」であり「適量の結合」です

在庫適正化には多部門の納得と行動が重要です。全社共通のKPI設定、およびKPI悪化の原因分析と対策立案・対策の実行を論理的に進めていかなければなりません。

戦略的な適正在庫プランと適正在庫を維持できる在庫コントロール手法、BCPと連動した拠点分散や配送網を多段化に適した最適な在庫マネジメント手法をお客様独自のプログラムとして構築します。

また、複雑化するサプライチェーンの最適化を図るためには、情報システムの活用が必要です。更なる効率化を見据え、領域別にシステム化を検討していきます。

在庫適正化

荷主企業が抱える在庫の課題とその解決策

在庫に関する課題

  • 販売見込数量と生産(仕入)数量のアンマッチ
  • 配送網の多段化または配送拠点過剰による在庫重
  • 積送中在庫が管理できないなど、管理限界による在庫増

課題に対する解決策

  • 全社共通KPI項目(サービス率、在庫金額、等)の決定および目標値の設定
    ・過去データ(入荷・出荷・在庫)を基にあるべき在庫量の算出
    ・あるべき在庫量と現在のGAPの見える化
  • KPIに影響する要因の整理
  • あるべき在庫量に向けての施策(工場毎の生産能力調整、拠点毎の安全在庫量・発注点・発注量)策定

これらの施策をサプライチェーン部門が継続的に実行可能となるよう、情報システム・組織・業務分掌・業務手順等の構築支援を行います。

情報システムの活用とSCMプロフェッショナルの育成

複雑化するサプライチェーンの最適化を図るためには、情報システムの活用が必要です。
企業の課題に即した情報システムの選定・導入支援から、情報システムを活用する社内SCMプロフェッショナルの育成まで、企業のSCM高度化のご支援をいたします。

情報システムの活用とSCMプロフェッショナルの育成

在庫適正化プログラム

適正在庫プラン・在庫コントロール手法・BCPと連動した拠点の分散や配送網多段化に適した最適在庫マネジメント手法を構築するプログラムです。
在庫マネジメントにご興味ある方はぜひ資料をダウンロードしてください。

在庫適正化プログラム

無料相談や各種お問合せ、メールマガジンの配信を
ご希望の方は
フォームにてご連絡ください